BLOG

宮沢りえ主演映画『湯を沸かすほどの熱い愛』心揺さぶる原作小説

 

今日のカフェボンボンの本棚は、『湯を沸かすほどの熱い愛』

まもなく公開の映画『湯を沸かすほどの熱い愛』の原作小説。主演の宮沢りえさんが演じるのは昔ながらの銭湯の女将さん。世話好きで愛情深いお母ちゃんと家族の絆の物語です。

20161018
湯を沸かすほどの熱い愛
著者:中野量太
出版社:文藝春秋

幸野双葉は今日も空を見上げる。煙突から煙が立ち昇らなくなってからもうすぐ一年が経つ。湯気のように夫が蒸発し、家業の銭湯は休業中。

高校生の娘を送り出し、パートに出かける双葉。持ち前の明るさでつらい日々を乗り越えてきた彼女が、ある日、突然、余命2ヶ月の宣告を受けて……。

私には、どうしてもやらなきゃいけない事が、まだある。そう覚悟した双葉は夫を探して連れ戻し、銭湯を再開させる。お母ちゃんとして妻として「湯を沸かすほどの熱い愛」で家族を包み込む。もう後戻りする時間は残されていないから。

お母ちゃんのご飯を食べて、自転車の後ろに乗って。行ってきますと言う。お母ちゃんと呼びかける。そんな家族のあたりまえのシーンがまぶしい。朝、誰もいない静かな銭湯を眺める双葉の姿が心に残ります。

***

中野量太監督の映画『湯を沸かすほどの熱い愛』は、2016年10月29日(土)より全国で上映予定です。宮沢りえさんの双葉役、楽しみです!

Love, まっこリ〜ナ

*朝読書のすすめ『まっこリ~ナのCafe BonBon』連載一覧はこちらです。
https://asajikan.jp/topics/cafebonbon/

朝読書のすすめ『まっこリ~ナのCafe BonBon』はこちら>>

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

朝読書のすすめ『まっこリ~ナのCafe BonBon』

公式ブログ
小説から絵本まで、編集者が選ぶ”朝読書”におすすめの1冊
Written by

まっこリ〜ナ

編集者・ライター

出版社勤務を経てフリーランスに。図鑑や写真集、子どもの本や雑誌などの編集に携わる。本がくれる愛のチカラを糧に生きる日々。いちばん好きな本の主人公は長くつ下のピッピ。
趣味は草花園芸、編み物、ランニング、スポーツ観戦。

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

今日の朝の人気ランキング