BLOG

テーマは子育て!3つの家族の光と闇を描いた衝撃作『明日の食卓』

 

今日のカフェボンボンの本棚は、『明日の食卓』

同じ名前の男の子を育てる3人の母親がいた。愛する我が子に手を上げたのは誰? 息子を殺したのは——。椰月美智子の最新作はリアルで危険な「子育て」小説。一気読み必至です。

20160925
明日の食卓
著者:椰月美智子
出版社:KADOKAWA/角川書店

日常ははかないもの。一寸先は闇。ほんのささいな出来事がきっかけで歯車が狂いだす。

3つの家庭の子どもの名前はみな同じ「石橋ユウ」。小学校三年生の男の子。母親は専業主婦の石橋あすみ、フリーライターの石橋留美子、シングルマザーの石橋加奈。それぞれ家庭の環境は異なるけれど、いまの暮らしにささやかな幸せを感じていた。なにより我が子を愛していた、はずだったのに。

かわいいユウ。こんなに愛おしいのにどうして? 果たして我が子に手をあげ、一線を越えてしまったのは誰なのか。

苛立ちが暴力の衝動へ変わる不穏な空気に息が詰まるよう。3つの家庭が交互に描かれる展開は息をのむほどサスペンスフルでページを繰る手が止まりません。

ママ友、しつけ、いじめ、虐待などの問題にふれつつ、ままならない子育ての閉塞感をリアルに描き切った一冊。母たちの我が子への愛情の深さが切なすぎて胸が詰まります。

Love, まっこリ〜ナ

*朝読書のすすめ『まっこリ~ナのCafe BonBon』連載一覧はこちらです。
https://asajikan.jp/topics/cafebonbon/

朝読書のすすめ『まっこリ~ナのCafe BonBon』はこちら>>

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

朝読書のすすめ『まっこリ~ナのCafe BonBon』

公式ブログ
小説から絵本まで、編集者が選ぶ”朝読書”におすすめの1冊
Written by

まっこリ〜ナ

編集者・ライター

出版社勤務を経てフリーランスに。図鑑や写真集、子どもの本や雑誌などの編集に携わる。本がくれる愛のチカラを糧に生きる日々。いちばん好きな本の主人公は長くつ下のピッピ。
趣味は草花園芸、編み物、ランニング、スポーツ観戦。

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

今日の朝の人気ランキング