BLOG

深い孤独に寄り添う本 臆病で気難しいハリネズミに友達はできる?

今日のカフェボンボンの本棚は、オランダの作家による『ハリネズミの願い』

ひとりぼっちのハリネズミがどうぶつたちを招待しようと思い立つ。ぼくの家にあそびにくるよう、キミたちみんなを僕の家に招待します。

20160723b
ハリネズミの願い
著者:トーン・テレヘン/訳:長山さき
出版社:新潮社

……でも、だれも来なくてもだいじょうぶです。ハリネズミは手紙を戸棚の引き出しにしまう。もし招待状を送ってもきっとだれも来ない。みんなぼくのハリがこわいんだ。

内気で心配性のハリネズミは想像する。招待客がきたらケーキを焼いて紅茶でもてなそう。だけどもしヒキガエルがドアをノックしたら? やっぱりだめ、うまくいきそうにない。

クマが訪ねてきたらどうだろう。ハチミツをたいらげてしまうにちがいない。ロブスターにハリを抜かれるかもしれない。ビーバーは部屋の真ん中に壁を作るかもしれない。ゾウやキリンやクジラやダチョウがもし来たら?

想像上のハプニングに恐れをなして、いつまでも手紙を出せないハリネズミ。鏡に映った自分自身に「もしかして、あそびにきてくれたの?」と話しかける姿がせつなすぎます。

取り越し苦労ばかりのハリネズミって私のこと?と思う人もいるかもしれない。あなたの身近な人にそっくりかもしれませんね。誰の心にもいる小さなハリネズミに共感する物語です。

Love, まっこリ〜ナ

*朝読書のすすめ『まっこリ~ナのCafe BonBon』連載一覧はこちらです。
https://asajikan.jp/topics/cafebonbon/

朝読書のすすめ『まっこリ~ナのCafe BonBon』はこちら>>

この記事を書いた人
Nice to meet you!

朝読書のすすめ『まっこリ~ナのCafe BonBon』

公式ブログ
小説から絵本まで、編集者が選ぶ”朝読書”におすすめの1冊
Written by

まっこリ〜ナ

編集者・ライター

出版社勤務を経てフリーランスに。図鑑や写真集、子どもの本や雑誌などの編集に携わる。本がくれる愛のチカラを糧に生きる日々。いちばん好きな本の主人公は長くつ下のピッピ。
趣味は草花園芸、編み物、ランニング、スポーツ観戦。

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

今日の朝の人気ランキング