青リンゴ&クリームチーズのライ麦サンド

「普通に美味しい」と言われないサンドイッチ!
材料
2人分
  • ライ麦パン 4枚
  • 青リンゴ 1/2個
  • クリームチーズ 30g
  • <ミント入りバター>ミントの葉 5枚
  • <ミント入りバター>バター 25g
  • <ミント入りバター>キュウリ 1/2本
  • <ミント入りバター>塩 少々
作り方
5〜15分
  • 青リンゴは、皮を剥いてスライスし、塩水にさらす。 キュウリは3mm位の薄切りにし、塩をふり水気を出す。
  • ミントはみじん切りにしてバターと混ぜ、クリーム状に練る。
  • パンの上下に2のミントバターを薄く塗り、下半分のパンに、クリームチーズ、青リンゴ、キュウリ、クリームチーズの順で重ね、パンをかぶせる。
  • 上からラップをかけ、具とパンがなじんだらできあがり。
ワンポイントアドバイス
○ベトベトしないテク ・使用する野菜は、キッチンペーパーで水分をとる。 ・水分が少なく、風味や歯ごたえのある野菜を使う。(△レタス、○ルッコラ) ・パンにバターを塗るときは、潰れないように、手で持たず、平皿に置いて塗る。 ○味をきめるテク ・味は、マヨネーズではなく、塩の分量できめる。 *あくまでもマヨネーズなどは、具とパンのつなぎ役。他、粘り気のある クリームチーズ、ピーナッツ、サワークリームなどでも代用可。 ・少々高めでも、風味、旨味のあるバターを使うとよい。 ○水っぽくならないテク ・重ね合わせるパンの両面に、バターなどで、油膜を作り、具の水分がしみ込まないようにする。 ○切り口をキレイにみせるテク ・パンをカットするとき、包丁を熱湯などであたため、力を入れず、引くようにしてカットする。 ○各パンにソースを合わせるテク ・パンと具を同じ味覚、歯ごたえで合わせる。 酸味のあるパンには、酸味のある具、柔らかいパンには、クリーミーなソースを使う。 ○味わいアップテク ・玉ねぎのみじん切りを入れる。 (作り方:みじん切りにした玉ねぎに、塩を入れ、粘りが出たら、塩を洗い流し、水をきる) ○酸味を出すテク ・ピクルスのみじん切り、ペッパー、辛子を入れる。 ○歯ごたえ、コクを出すテク ・砕いたクルミ、ピーナッツ、松の実などを炒って入れる。 ○ハード(フランスパン)サンドの味つけテク 焦がしバターをたらす。 ○匂いのある具サンドテク サーモンや鶏肉をサンドしたら、 ハーブ類(パセリ、ディル、セルフィーユ)で臭みを消して風味をプラス。 ○定番サンドを美味しく作るテク ・ツナサンドのツナは、油っぽくならないように、一度、煎って油を出してからはさむ。ピクルスで酸味、玉ねぎで甘味をプラス。 ・ハムサンドのハムは、パンとの絡みをよくするために、はさむ前に、ドレッシングで味付け。 ・卵サンドは、黄身がベトベトにならないように、白身、黄色を別々にソースと混ぜる。 カレー粉などで、味にアクセントを。
レシピの投稿方法:姉妹サイト「レシピブログ」に会員登録の上、レシピ投稿の際に「レシピテーマ」で「朝ごはん」にチェックを付けて投稿されたものは朝時間.jpにも表示されます。

このレシピを投稿した人
Nice to meet you!

Kae (カエ)さんのレシピ(101件)

みんなの朝時間.jpツイート