ココロからリラックス。癒やされる空間を作る3つのコツ

おはようございます!気持ち良い朝時間を迎えられそうなお部屋やインテリアをご紹介している「モーニング・ルームスナップ!」

今日は「癒やされそうなお部屋」をテーマに画像を紹介したいと思います。

お仕事に家事、毎日いそがしくされている方が多いと思います。そういうときはインテリアに気をつかう余裕もなくしがちですが、何か変えてみると、少し気持ちが癒やされるかもしれません。そんな時に参考になりそうなお部屋を3つご紹介いたします。

気を休める場所に、大きめのグリーンを

気を休める場所に、大きめのグリーンを

画像提供:RoomClip

Tさんのお部屋です。柔らかい日差しと、ゆったりとした空間。ただ居るだけで安らぎそうですね。

個人的に真似したいのは、ソファのそばに置かれたシンボルツリー。Tさんはエバーフレッシュを選ばれたようです。

こうした大きめの植物は家のコーナーに置かれることも多いのですが、ソファのそばにおくと、座っている際に自然に近くに居られるので、知らず知らずのうちに癒やされる効果があります。

好きなモノを、ギャラリーのように飾る

20e6003684a0c31fac1c71ca179b48429b7a2dbd

画像提供:RoomClip

こちらはLさんのキッチン。置かれている物すべてが選び抜かれている感じがします。お好きなモノを一つ一つ吟味してお買い求めになったのではないでしょうか。

ここで注目したいのは、少し高めの位置に設置された「見せる収納」エリア。ギャラリーみたいにひとつひとつが大切に置かれています。

どんなに疲れていても、毎日お料理はしなくてはいけない・・・そんな方も多いかと思いますが、見た目に好きなモノを並べておくと、不思議と癒やされるものです。

Lさんのように素敵なスペースがなくても、例えばいつも座る場所から見える位置にある棚の一角などでもOK。好きなモノがいつもちらちらと目に入るようにしてみてください。

落ち着くアースカラーに、差し色を入れる

落ち着くアースカラーに、差し色を入れる

画像提供:RoomClip

最後はMさんのリビングです。無垢の床に、アースカラーを基本とした配色。ただそこいるだけで安らぎそうな印象があります。

ただそこで終わらないのがMさんのセンス。少し存在感のある青を使ったIDÉEのソファを使っています。

もちろん部屋の全体感と同様にアースカラーを使ったものを入れるという選択肢もあったかと思うのですが、このようにポイントとなる差し色を入れることで、気持ちが高まっていきますね。

もちろん受け身の癒やしも必要なのですが、最終的には前向きな元気さを取り戻したい。そんな時に「色」は大きな力をもってくれます。好きな色や少し明るめの色などをワンポイントに使ってあげるといいでしょう。

*

「癒やされそうなお部屋」、いかがでしたか?

朝時間をお読みのみなさんは、毎日をアクティブに過ごされていると思うのですが、癒やされたいときにはぜひインテリアも気にかけてあげて下さい。手をかければきっと自分の気持ちにポジティブな効果がかえってきますよ!

さ、次はどのお部屋をご紹介しようかな。というわけで次回をお楽しみに!

今日ご紹介したお部屋

1つ目のお部屋

北海道在住Lさん/家族住まい/2LDK
http://roomclip.jp/myroom/108278

 

3つ目のお部屋

愛知在住Lさん/2LDK
http://roomclip.jp/myroom/341948

 

2つ目のお部屋

大阪在住Mさん/家族住まい/4LDK
http://roomclip.jp/myroom/336944

 

この連載の一覧を見る >>
https://asajikan.jp/author/68/

この記事を書いた人
Nice to meet you!

モーニング・ルームスナップ!

気持ちよい朝時間を迎えられそうなお部屋とインテリア
Written by

徳島久輝

コンテンツプランナー。
5年間の海外生活でインテリアの楽しさを知り、生業とすることを決意。帰国後、ライフスタイルショップ立ち上げ、大手総合情報サイトでの編集やインテリア関連メディアの編集長を経て、現在フリーで編集を手掛ける。4年前には中古マンションを購入しリノベーション。趣味はタルト作りと部屋の写真を眺めて夢想すること。Instagramはこちら

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

朝美人スタイルの人気ランキング