【京都・丹波口】夏休み、卸売市場でもりもり朝ごはん♪@食彩よしもと

 

おはようございます。

8月ですね。暑いです。誰と会っても、ひと言めは「暑いですね」。私はそんな毎日ですが、皆さんはいかがでしょうか。

今回は夏休みということで、いつもとは少し趣向を変えてお届けします。

今回訪れたのは、京都中央卸売市場。京都駅からJR山陰線に乗って一駅、「丹波口」駅を降りて西へ進みましょう。すぐに標識が出てきます。

IMG_3095

中央卸売市場では野菜はもちろん、肉類や魚介類など、すべての食べ物が取り扱われています。

構内へ入ると、板パレットに野菜の入ったダンボルールやらを乗せたフォークリフトがビュンビュン駆け抜けていきます。フォークリフトって後ろ向きに走るんですね。思ってもみないところからやってくるので注意が必要です(笑)

IMG_3097

 

当然ですが、卸売市場の朝は早い! 朝9時にはもうシャッターを閉めているお店の方が多いくらいです。そんな朝からパワフルな方々を支える食堂も市場の中にはたくさんあります。

構内の食堂や喫茶店は、市場で働いていなくても利用できますが、結構ディープな雰囲気のところが多いので、入るのに少し勇気が必要…。ですが、今回はそんななかにあって、とても入りやすい1軒をご紹介します。

IMG_3101_2

お店の名前は「食彩 よしもと」。(水産棟を左手に右折、関連12号棟にあります)

営業時間は7時から14時。朝の定食はこんな感じです。IMG_3103_2

ごはんにお味噌汁、小鉢が3品とメインの焼き魚で580円。この日はサゴシの味噌焼きでした。日によってかわりますが、限定30食程度で無くなり次第終了です。8時には終わってしまう日が多いそうです。

この朝定食、ごはんとお味噌汁がとってもおいしいのです! そうお店の人に伝えたら「市場の人が毎日来てくれるので、毎日食べても喜んでもらえるようにと思ってね」とスタッフの方。おかずは小鉢を含めて毎日変えるのはもちろん、ご飯の炊き加減やお味噌汁のだしなどにも細かく気を使っているそうです。

朝なのでおかずはいろんなものを少しずつ、ご飯とお味噌汁はきちんとしたものをたくさん。そんな温かい配慮がじんわり伝わってくるやさしい朝ごはんです。

店内は、こんな感じ。

IMG_3102

こざっぱりとしていて、物静かそうなご主人が「ご飯の量、どうする?」と聞いてくださいました。

お腹いっぱいになったところで、市場の中を散策。

IMG_3105_2

お刺身の「けん」やわさびの専門店、鰹節屋さん、印刷屋さんなど、本当にたくさんのお店があります。和食店で使うのでしょう、器のお店もありました。おおむね小売も対応してくれるようでした。

有名な京麩の老舗「半兵衛麩」や、懐かしい雰囲気のパン屋さんも!

IMG_3109

IMG_3106_2

 

この市場では毎月第2土曜に一般の人を対象に繁盛市を開催しています。新鮮野菜がお買い得なのはもちろん、イベントも開催されるので、お近くの方はぜひ家族でどうぞ!ちびっこからおじいさん、おばあさんまでみんなで楽しめますよ。ちなみ今月は今週の土曜、8月8日です。

では、皆さま、楽しい夏休みを!

食彩よしもと
京都府京都市下京区朱雀分木町 中央市場関連12号棟
075-311-6726
7:00~14:00 (13:30L.O.、朝の定食は無くなり次第終了)
日曜、祝日休(ほかに、市場の休場日)

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

京都の朝カフェ&朝ごはんガイド[連載終了・全40回]

京都のモーニングと朝ごはんのお店[連載終了・全40回]
Written by

清塚あきこ

編集者・ライター。出版社および編集プロダクション勤務を経て、2012年独立。京都関連の情報誌や書籍を中心に、実用書や各種パンフレットの編集・執筆に携わっている。好きなものは、装幀の素敵な本、矢野顕子さんの声、酸っぱめのコーヒー、地方が舞台のサスペンスドラマ、肌触りのいいボーダーシャツ、サクサクのスコーン。京都のはずれ在住。一児の母。

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

朝カフェ案内の人気ランキング