朝のストレッチも色にこだわって、余裕ある「いい女」に。

 

朝ストレッチ

『朝のストレッチ』

 

からだって不思議。じわじわSOSが出ていながらも、見て見ぬふりをしてしまいがち。自分だけは大丈夫、自分だけは…。突然のギックリ腰で初めて気づく。「あ、もっと早くからいたわっていれば良かった」と。

目覚めから外出時までの朝時間は、長さも違えば質も違います。ゆっくり音楽を聴きつつ優雅に朝食をとる人もいれば、シャワーと化粧でいっぱいいっぱいという人もいるでしょう。ただ、働く女性にとって朝時間は、いつだって戦争であり、自分を省みる大切な時間なのは間違いありません。

痛めてからでは遅い自分のからだ。働きだしたその日から、自分を守れるのは自分しかいません。このことを熟知してこそ、初めて生きることの意味、生かされていることへの感謝が生まれてくるのではないでしょうか。

朝のストレッチは医者いらずのプチ健康診断です。

たとえ数分でも、忙しい朝にからだを解放させられるようになったら、余裕のあるいい女の証です。朝のベッドとなるヨガマットの色もこだわりを持って選んでみたいですよね。

からだの硬い人は、寝っ転がるだけで筋が伸びてきそうなやわらかいパステル調の色がおすすめです。中でもピンクは女性らしさを意識させてくれて一石二鳥。なかなか集中力が持たないという人には、5分でもストレッチに気持ちがいくようなブルーをチョイス。出来るだけ濃い色なら尚ベストです。とにかくゆっくりからだを労りたい!という人には癒やしのグリーンがおすすめです。特になしと言う人は、自分の好きな色に身を委ねるのも悪くありません。

元気に每日を過ごすためにも、自分のからだは自分で守る。朝のストレッチこそ、心地よい色と共に自分と対話してみてはいかがでしょうか。

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

朝に魔法をかける”色”の使い方[連載終了・全12回]

なんでもない朝時間を、“色の魔法”でステキに変える方法[連載終了・全12回]
Written by

七江亜紀

色のひと ®
カラーキューレーター ®
株式会社ナナラボ 代表取締役

それぞれの色が持つ普遍の魅力を組み合わせ、独自の価値基 準で、これからの 新しい生活価値を提案する、ライフスタイ ル・クリエーター。
企業やビジネスパーソンを対象とし、 ファッション、食、インテリア等ライフ スタイル全般のカラーコンサルティングを行う。
「色」を視覚だけに頼らず五感全てを通してイメージできるようさまざまなもの の価値向上を図る。
また多くのメディアにて監修、大学や講習会でも 講師業を行う。クチコミで広 まったサロン「Lustre(ラスタ)」 には全国から多くの女性たちが訪れている。
2009 年の処女 作「働く女性のための色とスタイル教室(講談社)」はロングセ ラーとなり、衣食住にまつわる色の本「知って役立つ色の事典・TJMOOK(宝島 社)」は発売後即完売。2015年2月には初の書き下ろし文庫本「色が教えてくれ ること・人生の悩みの9割は「色」が教えてくれる(大和書房)」を刊行。
既に重版を重ね続けている。他にも著書多数。現在も新刊を執筆中。

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

今日の朝の人気ランキング