耐熱ボウルひとつでOK!お野菜たっぷり摂れちゃう朝ごはん

 

先週はフライパンひとつで作る朝ごはんでしたが、今回はボウルひとつ♪

野菜がたっぷりとれちゃうスープ朝ごはんです。

 

ボウルひとつで出来上がり♪ノンオイルの大豆たっぷりミネストローネ

IMGP4960_tn

玉ねぎ、トマト、いんげん、ベーコン、大豆の野菜240gミネストローネ。

作り方は材料を耐熱ボウルに入れて調味料を和えてレンジでチン!

水分を加えて再度チンしたらもう完成です。

コピーIMGP4948_tnIMGP4957_tn

具材は玉ねぎ、長ねぎ、大根、キャベツなどのうまみがしっかり出るものを1種類は必ず入れて、あとはお好みで色々アレンジできます。

具の量が200g~300gくらいまでに対して塩小さじ1/4~小さじ1/2。
加熱時間は5分~8分。
水分は1/2カップ~2/3カップ加えます。
加熱時間は2~3分。
これでおなか一杯にするなら1人分、他にパンなどがあれば2人分の量が出来上がります。

 

野菜のうまみだけでなく、ソーセージやハム、ベーコンなどを入れるとしっかり濃厚な味に。

材料が異なっても作り方は全て同じです。
①まずは具材だけで加熱してうまみをだす
②水分を加えて温める。
この2ステップ。
では、例を見ていきましょう。

1月9日の朝ごはん。調理時間10分

投稿写真

玉ねぎ、ブロッコリー、にんじん、キャベツの野菜200gスープ。
これはベーコンなどを入れていないので油分を使うと手早くしっかりうまみが出ます。
ザクザクっと同じくらいの大きさに切った野菜と塩小さじ1/4、オリーブオイル大さじ1を入れてレンチン。
水を加えて再度レンチンで出来上がり!

5月16日の朝ごはん。調理時間10分

IMGP5207_tn

 

玉ねぎ、大根、かぼちゃ、いんげん、ベーコンのちょこっと残ったもので野菜250gスープ。作り方はもちろんこれも同じ。

水分にトマト缶やトマトジュースを加えれはトマト味だし、牛乳を加えればミルクスープに。
調味料をナンプラーにすれば東南アジアな味になるし、みそを加えればお味噌汁にもなります。
一度作り方を覚えればアレンジ自由自在というわけです^^
電子レンジでチンするだけで出来るので、暑くなるこれからの季節にもピッタリ。
クーラーや冷たいもので体が冷える時期でもあるので、中から体を温めてしゃきっと目覚める夏のスープ朝ごはんいいですよ~。

ではでは、暑い日の朝ごはんも楽しんでくださいね♪

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

10分以内で完成!ヤミーさんのスピード朝ごはんメニュー

忙しい朝時間でも作れる!朝食メニューと時短テクニック
Written by

ヤミー(清水美紀)

輸入食材店に勤務していた知識を生かして世界中の料理を3ステップの簡単レシピにしてお届けする料理研究家。2006年1月にスタートした料理ブログは、2007年6月に『大変!! この料理簡単すぎかも…ヤミーさんの3STEP COOKING』(主婦の友社)として出版され、ベストセラーとなる。それをきっかけに料理研究家の道に進み、現在は料理本の他、企業のレシピ開発、商品開発、雑誌、TV、WEBなどで活躍中。最新刊は『ヤミーさんの毎日使えるオーブントースターレシピ』(扶桑社)
「大変!!この料理簡単すぎかも… ☆★ 3STEP COOKING ★☆」
http://ameblo.jp/3stepcooking/

連載記事一覧

朝ごはんの人気ランキング