BLOG

ハーフマラソン走ってきました!

 

Silhouette woman run under blue sky with clouds

先日の日曜日、荒川沿いを走るタートルマラソンに参加してきました!

ハーフマラソンに挑戦。2時間18分でした。目標は2時間半。クリアできて良かった。

実は私は小さいころからの運動オンチ。小中学校のマラソン大会は、仮病で欠席しようとしたり、わざと風邪をひこうとして薄着で外にでたりしていました。

2年前まで、マラソンなんてやる人の気がしれない、なんで苦しい思いをして走らないといけないの?と思っていました。

朝ランの爽快さを知ってから、気持ちが変わり始めたのです。

2年前、会社を辞めたばかりで独立の道を向かい始めたころ。気持ちは焦るけど、どこからどう進んでいたらいいか分からず、焦っていました。

その焦りを振り払うように、ホノルルマラソンにエントリーすることに決め、朝陽を浴びながら近所の川沿いを走り始めたのがスタート。

走ると、汗と一緒に不安な気持ち、自分のドロドロとした気持ちが流れていくようで。

太陽の光を浴びると、体の底からエネルギーがわき上がってくるようで。

今までクヨクヨしていたのは何だったの?というくらい元気になったのです。

それからというもの、朝ランの気持ち良さにはまりました。

去年はホノルルマラソンを完走。今年もホノルル行ってきます!

(こっそり告白すると、8月までは燃え尽き症候群で全然走れなくなっていたのですが...。やっと9月にラン復活させ、走ることの爽快感を思い出しました!)

まずは朝、散歩するところからスタートしてもいいと思います。朝から汗を流すと、スタートダッシュの勢いが続くので気持いいですよ!おすすめです。

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

いつも余裕があるママの朝時間の過ごし方

公式ブログ
朝活の第一人者 ママになった池田千恵さんの朝の過ごし方
Written by

池田千恵

株式会社朝6時 代表取締役。朝イチ業務改善コンサルタント。慶応義塾大学卒業。外食企業、外資系企業を経て現職。企業の朝イチ仕事改善、生産性向上の仕組みを構築しているほか、個人に向けては朝活でキャリア迷子から抜け出すためのコミュニティ「朝キャリ」(https://ikedachie.com/course/salon/を主宰。10年連続プロデュースの「朝活手帳」など著書多数。

連載記事一覧

朝美人スタイルの人気ランキング