腸内環境を整える!きのこたっぷり♪簡単「卵あんかけ丼」

 

おはようございます。管理栄養士のmaikoです。

この連載では「管理栄養士のイチオシ!食べてキレイを磨く朝食レシピ」をテーマに、体に良くて、キレイになれる朝食レシピをお届けします。

今日の主役は「きのこ」と「卵」。きのこは腸活には欠かせない食物繊維豊富なうえに低カロリー。

食物繊維には、水に溶けてお通じをスムーズにする「水溶性食物繊維」と、カサを増してお通じを促進する「不溶性食物繊維」の2種類があります。

しいたけとえのきだけ、両方に食物繊維が含まれていますが、どちらかに偏ることもあるのでぜひ何種類か組み合わせてみてくださいね。

今回は、そんなきのこをたっぷり使った、何かと忙しい大人の腸内環境を整える「卵あんかけ丼」レシピをご紹介します。簡単なのでぜひ作ってみてくださいね。

【おいしく腸活】きのこたっぷり♪簡単「卵あんかけ丼」

きのこたっぷり♪簡単「卵あんかけ丼」

材料(1人分)

  • 卵 1個
  • しいたけ 3個
  • えのきだけ 1/3束
  • 水 200ml
  • めんつゆ(3倍濃縮) 大さじ2
  • 水溶き片栗粉 大さじ1(片栗粉大さじ1を同量~2倍量の水で溶かす)
  • 温かいご飯 1人分 
  • 七味唐辛子 少々

作り方(調理時間7分)

1) しいたけを薄切りにする。えのきだけは軸を取って半分長さにきり、卵をときほぐす。

2) 水、めんつゆ、しいたけ、えのきだけを加えひと煮立ちさせる。火を止めて水溶き片栗粉を入れて手早く混ぜる。

あんかけ

3) 再び煮立てて、ふつふつ沸いた状態で溶いた卵を何度かに分け入れ、火を通す。

きのこたっぷり♪簡単「卵あんかけ丼」

4) 器にご飯をよそい、きのこあんかけをかける。お好みで七味唐辛子をふる。

食べてキレイを磨く!レシピのポイント

【1】食物繊維には水溶性食物繊維・不溶性食物繊維の2種類があり、きのこ類にはどちらも含まれます。

【2】きのこ類に食物繊維の成分に偏りがあるので、何種類か組み合わせるのがベター。

【3】食物繊維が豊富な食材のなかできのこは低カロリーで安心な食材。

【4】寒い朝もあんかけなら冷めにくく美味しく召し上がれます。

***

あったかきのこあんかけを食べて、今日も元気にいってらっしゃい!

★この連載は<毎週水曜日>に更新します。次回もどうぞお楽しみに…!

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

管理栄養士のイチオシ!食べてキレイを磨く朝食レシピ

管理栄養士maikoさんの「食べてキレイを磨く朝食レシピ」
Written by

管理栄養士 maiko

料理研究家。東京都出身。大学卒業後、管理栄養士資格を取得。メニュー開発、料理教室講師、給食調理を行う。『大人の女性のための料理』をテーマに、簡単に美味しくて自分磨きになる料理を考案している。
栄養でもっと輝く人を増やしたい!という思いでプチ不調解決の栄養コラムをInstagramでも紹介中。
【Instagram】https://www.instagram.com/buruwanko/
【レシピサイトNadia】oceans-nadia.com/user/555139

連載記事一覧

朝ごはんの人気ランキング