【年末までにしておきたいお金のこと】Vol.1 まだ間に合う!簡単「ふるさと納税」

 

おはようございます。ファイナンシャルプランナーの稲村優貴子です。

この連載では『朝のスキマ時間に学ぶ♪家計管理・お金の基本』というテーマで、お金にまつわるコラムをお届けします。

あっという間に12月ですね。仕事や勉強、家事などで忙しく過ごしていると、忘年会やクリスマスのイベントなど、自分のことに使う時間は限られてしまいます。

中でも、忙しい時期に後回しにしがちなのが、お金まわりのこと。

今回は、年末までにしておかないと、来年後悔するかもしれない…そんなお金にまつわるアクションのひとつ「ふるさと納税」についてお伝えします。

簡単にできる!「ふるさと納税」

この時期になると「さとふる」「ふるさとチョイス」など、ふるさと納税関連のCMが増えてきます。

それは、12月末までに納税した分が来年度の住民税に影響してくるから

税金は、1月から12月までの1年間で計算されるため、年末までに行う必要があるのです。

ふるさと納税って?

ふるさと納税は、ざっくり説明すると、来年払うはずの住民税の一部を、他の市町村におすそ分けにて納税すると、そこからその市町村の特産品などの返礼品がもらえるという仕組みです。

みかん

ふるさと納税を利用しなければ、住んでいる地域に住民税を支払う(お給料の人は天引きされて納税しているケースが多い)だけで、何ももらえません。

しかし、ふるさと納税すれば、その地域の特産品などがもらえるため、とってもお得。人気がある、嬉しい仕組みなのです。

ちなみに我が家は、鳥取県の20世紀梨と和歌山県の早生ミカン、鹿児島県のウナギを返礼品としていただきました。

うな重

上限額はあるの?

「そんなにお得なら、全額を他の市町村にふるさと納税したい!」と思うかもしれませんが、いくらでもできるというものではありません。

住民税を他の地域に払ってしまうと、その方が住んでいる地域の税収は減ってしまうからです。

納税のイメージ

所得金額や家族構成など諸条件によって上限額があり、おおよそ払う住民税の額の2割です。

実際に自分ができる上限額は、ふるさと納税のサイトでシミュレーションできるので試算してから納税しましょう。

「ふるさと納税」のやり方3ステップ

ノートPCを操作する女性

【1】上限額をチェック

源泉徴収票、確定申告控をみながら、ふるさと納税のサイトで自分ができるふるさと納税の上限額を調べる。

【2】ふるさと納税をする

上限額の範囲内でふるさと納税の手続きをする。

【3】軽減手続きをする

ワンストップ納税申請するか確定申告して、税金の軽減手続きをする。

詳しくは、ふるさと納税のサイトなどで調べてみてください。

簡単にできるので、まだの人は年末までにトライしてみてはいかがでしょうか?

 

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

朝のスキマ時間に学ぶ♪家計管理・お金の基本

Written by

稲村優貴子(ファイナンシャルプランナー)

2001年FP資格を取得し独立。2006年から6年間日本FP協会鳥取支部長。現在は Life For You 代表として相談・講演・執筆・メディア出演業務を行っている。相談件数は通算3000件以上。TBSテレビ『マツコの知らない世界』監修、日経WOMAN・北海道新聞・週刊ダイヤモンド等への記事提供、HBCテレビ『イチオシ!』出演等。
著書:『年収の2割が勝手に貯まる家計整え術』(河出書房新社)
得意分野はライフプラン、iDeCo、保険、年金、家計節約、不動産。
資格:ファイナンシャルプランナー(CFP®)、2級心理カウンセラー、野菜ソムリエ、ヨガインストラクター(RYT200)

連載記事一覧

今日の朝の人気ランキング