OKばかり使ってない?「オッケー」「了解」の英語表現バリエ

 

毎週金曜日更新!通訳者・翻訳者をネットワークするテンナイン・コミュニケーション「朝時間.jp」のコラボ連載「通訳者さんに教わる♪朝のカンタン英語レッスン」。今話題のニュースに関する英語表現、英語や海外に関するトピックをご紹介します♪

OK

OKだけじゃない!「了解」と返事をするときの英語表現3つ

友人と会う約束をするとき、仕事で何か作業を頼まれたとき、「了解!」や「わかりました」と伝えるために、毎回 OK や Okay ばかりを使ってませんか?

今回は、よりこなれた表現から、ドラマで見るようなカジュアルな表現まで、「了解」の意図を伝えるための英語フレーズを紹介します!

Certainly.=かしこまりました

ビジネスの場で「わかりました」 という意図を伝えるのに、日本語でよく使われるのは「かしこまりました」ではないでしょうか。

I got it(理解しました / かしこまりました)でももちろん伝わりますが、より丁寧に伝えたいときには、この表現 Certainly を使ってみると良いかもしれません。

例)
A:Can you make ten copies of this handout for today’s meeting?(=今日のミーティング用に、この資料を10部コピーしておいてもらえる?)
B:Certainly.(=かしこまりました

Deal.=(それで)オッケー / 了解

こちらはとてもカジュアルな表現です。友人と待ち合わせの約束をするときなどには、もってこいのフレーズです。

例)
A:So, let’s meet at 10:00 am in front of the station.(=じゃあ、駅前で10時に会おう)
B:Deal.(=オッケー

Copy(that).=(伝言内容を)了解した

これは日常の会話で使用することはあまりないかと思いますが、指示を受けて「了解」といいたい時など、アクション映画・ドラマでは耳にすることが多いかもしれません。

例)
A:We’ll count to three, and then you will go in.(3カウントで突入せよ)
B:Copy that.(=了解

同じような意味でもいろんな表現を知ることで、英語学習はより楽しくなりますよ!

「了解しました」と返事するシーンは日常会話でも多いはず。ぜひ「ここぞ」という場面で使ってみてくださいね。

(記事協力:テンナイン・コミュニケーション

☆この連載は<金曜日>に更新します。次回もどうぞお楽しみに…!

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

通訳者さんに教わる♪朝のカンタン英語レッスン

通訳者さんがわかりやすく教えてくれる朝の英語レッスン♪
Written by

テンナイン・コミュニケーション

9000名以上の通訳者・翻訳者をネットワークする通訳エージェント「テンナイン・コミュニケーション」。大手外資系企業や日系企業へ通訳者を派遣。通訳者の育成にも力を入れる。

◆【NEW!】英語でのコミュニケーション力を最短1ヶ月で強化!通訳エージェントが
開発したビジネスパーソン向け英語プログラム「One Month Program」:
https://www.ten-nine.co.jp/onemonthprogram/

◆【NEW!】1ヶ月でTOEIC(r)750点を目指す短期集中TOEIC®特化型プログラム「One MonthProgram TOEIC®」:https://www.ten-nine.co.jp/onemonth-toeic/

◆テンナイン・コミュニケーション:http://www.ten-nine.co.jp/

◆「英語で仕事をする人の応援サイト Hi!Career」:https://www.hicareer.jp/

連載記事一覧

今日の朝の人気ランキング