三橋美穂さん(快眠セラピスト)の朝の過ごし方

快眠セラピスト 三橋美穂さん

ボランティア活動で、“ちょっといい自分”から始まる一日

三橋美穂さん

目覚めるのがツライときは、ミントスプレーをひと吹き! さわやかな香りが頭をスッキリとさせてくれます。

プロフィール

快眠セラピスト。寝具メーカーの研究開発部門長を経て独立。講演や執筆、個人相談を通して、眠りの大切さや快眠の工夫、寝具の選び方などをアドバイスしている。ベッドメーカーのコンサルティングや、ホテルの客室コーディネートなどにも携わる。著書に『幸せを呼ぶ 快眠ヒーリング』(日本実業出版社)、『快眠セラピー』(KKロングセラーズ)など。
http://sleepeace.com


最近朝にハマっているものや習慣はありますか?

以前住んでいたイギリスで購入した食器を、朝食用に使っていることです。
これはコッツウォルズ地方北端にある、『Hidcote Manor Garden』という庭園をモデルにデザインされています。私はこの庭園が大好きで、四季折々の花が豊富に咲き乱れる様は、本当に見事でした。その時に体験した、色とりどりの花に囲まれている幸福感を味わいながら、朝食をいただいています。
BGMは、もちろん『朝美人』です。(笑)
41_01.jpg


朝の美容法・健康法はありますか?

髪も朝晩2回洗うのですが、洗われている皮膚はどう感じているかに意識を向けています。すると洗い方が自然に優しくなるんですよ。

 


朝の元気の源は?

最近では、2匹をモデルにした本『ねこに教わる 快眠レッスン60』(PHP研究所)を出版するほどの親バカぶりです。よかったら見てください。


41_02.jpg


目覚めるのがツライ日の、三橋さんならではのスッキリお目覚め方法は?

ミントスプレーをひと吹きします。私のお気に入りは、北見ハッカ通商の『ハッカ油スプレー』。
さわやかな香りが特徴で、シュッとひと吹きするだけでもいいし、ホットタオルにひと吹きして目に当ててもいい。花粉の季節には、マスクに振りかけると鼻づまりに効果的だし、会議中に眠くなった時にも役立つので、いつも持ち歩いています。


41_03.jpg


ちょっと落ち込んでいる朝のモチベーションUP法は?

私が毎朝最初にするのは、パソコンのスイッチを入れること。そして壁紙に使っている“ピンクのゾウさん”を目にすると、マンションのゴミ捨て場を掃除したり、手すりを拭いたりという行動を自然にとっています。他の人やモノに対して自分のエネルギーを費やすことで、効果的にエネルギーが循環して自分に戻ってきます。ちょっとしたボランティア的な行動が、モチベーションアップにつながっています。

 


41_04.jpg


朝時間.jpを読んでいる方にメッセージをお願いします。

私は今、このピンクのゾウさんを、ボランティア・スピリッツのシンボルとして、全国に広げていくという活動をしています。ちょっといい自分から始まる一日は、心も体も軽く、いい循環が生まれます。
みなさんも“朝ボラ”始めませんか?

 

朝美人のある一日の過ごし方

  快眠セラピスト 三橋美穂さん

7:00~  起床(猫にごはん、ゴミ捨てのついでに掃除)
7:30~  入浴
8:00~  洗濯、メールチェック
9:00~  朝食
10:00~18:00 仕事(家での事務仕事、取材や打合せ、クライアントのもとへ外出など)
18:00~ 買い物や夕食(自炊と外食は半々くらい)
20:00~ メールへのレスや執筆など
23:00~ 入浴ほか
24:00    就寝

三橋さんの朝時間には、こだわりのアイテムがいろいろと散りばめられていました。今回は、そのひとつひとつをご紹介いただくなかで、それぞれのお気に入りの品への想いが伝わってくるようでした。誰かに伝えたいほど大好きなモノをたくさん持っているということはステキなことですね!
また、一日を‘ちょっといい自分’から始められる“朝ボラ”もとても興味深いです♪

この記事を書いた人
Nice to meet you!

みんなの朝時間.jpツイート

朝美人スタイルの人気ランキング