気持ちよく新年を迎えるために。「大晦日にやっておきたい」3つのこと

 

12月31日:今日は「大晦日」

あっという間に今年も終わりですね。皆さんにとって、2021年はどんな年でしたか?私は転職し、このコラムを書き始め、怒涛の日々でした。休みらしい休みは、片手で数えられるくらい。大変だったけれど、言い方を変えればとっても充実していて、刺激的な毎日でした。

ところで、2021年やり残したことはありませんか?気持ちよく新年を迎えるために、この1年を振り返り、向き合ってみませんか?

今日は大晦日におすすめしたい3つのTipsをご紹介します。

【1】今年の初めに立てた目標を思い出す

毎年1月に掲げているであろう新年の抱負。その進捗はいかがでしょうか。

進捗があったなら自分を褒めてあげましょう。逆に、そこまで成果が出せなかったとしても大丈夫。来年、また心機一転頑張りましょう♪

ちなみに私の抱負は、転職する、イメチェンする、筋肉をつけるの3つでした。結果、「転職する」は叶ったものの、イメチェンと筋肉は正直微妙なところです。よって、この2つに関しては2022年に持ち越してまた頑張ろうと思っています。

【2】どこか1か所だけでもキレイにしてみる

大掃除って大変ですよね。私はいつも最後の最後まで後回しにしてしまう癖があります。特に年末って仕事も立て込んでくるので、掃除まで手が回らないことも…。

そんなときは、どこか1か所だけ徹底的にキレイにするだけでも気分が変わりますよ。

私のおすすめは玄関。玄関は幸せが入ってくるところと言われています。汚れが溜まっていると幸せは逃げていってしまいそうですよね。それに、玄関がキレイだと家に帰ってくるたびに気分が上がるもの。玄関マットを清潔にし、靴は靴箱に閉まって、すっきりとした玄関で新年を迎えましょう♪

【3】自分を褒める

ただでさえ、今年は色々ありましたよね。旅行や外出が難しく、マスクをつけることがもはや日常に。仕事の状況も変わったりと、それぞれにとって様々な葛藤があったのではないでしょうか。

頑張った自分のことをほめよう

そんな日々を生きている自分に「お疲れさま、よく頑張ったね」と声をかけてあげましょう。頑張ってきたことは、他でもない自分自身が1番そばで見てきたはずです。心の底から労ってあげましょう。

新年を気持ちよく迎えるために、ぜひ3つ試してみてくださいね。

今年はこのコラムを読んでくださって、本当にありがとうございました。来年も引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

「大晦日」とは?

1月から11月までの月末は晦日というが、12月だけは大晦日。一年の締めくくりの日で、かつては暮れの支払日となっていた。

出典:一般社団法人 日本記念日協会ホームページ <https://www.kinenbi.gr.jp/>

★この連載は毎朝更新します。明日もどうぞお楽しみに!

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

雑学コラム「今日は何の日?」

「今日は○○の日」にまつわるデイリーコラム♪会話のキッカケとなるような雑学やネタをご紹介します。
Written by

林 美帆子

会社員をしながらライターとして活動しています。数年前、仕事のストレスで心身のバランスを崩したことがきっかけで朝型生活にシフト。体質改善や転職に成功し、すっかり朝型生活のとりこになりました。最近お気に入りの朝時間の過ごし方は、マインドフルネス瞑想をすること。週末には都内の朝カフェ巡りもしています。朝時間を丁寧に過ごすと、その日1日がより豊かなものになる。ということを、多くの方に広めていきたいです。
【Instagram】https://www.instagram.com/miho333
【ブログ】https://ameblo.jp/cheerful32/

連載記事一覧

今日の朝の人気ランキング