Ginkgo nut: 銀杏のなるイチョウはどっち

 

おはようございます♬

今朝はご飯の後、発音矯正の授業を受けながら
先日、森で拾ってきて

臭いのを我慢しながら洗って乾かしたこの…
銀杏(ギンナン)の実を食べようと

フライパンで炒ってみました♡

懐かしのホクホクの銀杏。
食べ過ぎないように注意ですね笑

 

銀杏(ギンナン)は英語でGinkgo nut。

イチョウの木自体は多いのに日本より銀杏を
見かける確率が低い気がします。

ググってみたらなんと驚愕の事実が発覚!
『イチョウの木にオス・メスがある』そう。

ギンナンの実がなる方がメス。

※ちなみに日本樹木医会によると植えるときは
雄か雌かわからないまま植えているそう※

お友達が教えてくれたあのイチョウの木。
ずっと2人の秘密にしておきたいです笑

 

タンパク質、炭水化物をメインに
β-カロテン、ビタミンC、ミネラルが豊富。
むくみに効くと言われるカリウムも。

ただし銀杏には「メトキシピリドキシン」と
呼ばれる有毒な成分が含まれていて
食べ過ぎるとビタミンB6の働きを阻害して
中毒症状を起こしやすくなるよう。

食べる量に注意すると、ピーナッツより
低カロリー。良いおやつになりそうです♬

 

11月もそろそろ終わり。ヘルシーなおやつで
皆様、どうぞSweetな1日をお過ごしください♡

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

【アメリカ・シアトル】Sweet Morning Delivery from Seattle

米国・シアトル在住レポーターから届くシアトルの朝時間
Written by

はらだちほ(アメリカ在住)

(アメリカ・シアトル 滞在中)

会津若松で生まれ 夢の『海外での大学生活』に破れ上京。 インド〜ネパールに学生時代を捧げ TV→広告代理店→コスメ→IT企業と転職 合間に旅を重ね、震災を機に会津へ戻り、 復興イベントなどを手掛け、 新たな舞台に相応しいのかシアトルへ。 暮らすように旅して、旅するように暮らしてます♪

連載記事一覧

世界の朝の人気ランキング