“Reservation”だけじゃないの!?「予約」を意味する英単語3つの使い分け方

 

毎週金曜日更新!通訳者・翻訳者をネットワークするテンナイン・コミュニケーション「朝時間.jp」のコラボ連載「通訳者さんに教わる♪朝のカンタン英語レッスン」。今話題のニュースに関する英語表現、英語や海外に関するトピックをご紹介します♪

予約席

“Reservation”だけじゃないの!?「予約」を意味する英単語3つの使い分け方

  • reservation
  • appointment
  • booking

この3つの単語の違いをご存じですか?どれも日本語では「予約」という意味ですが、英語だと少しニュアンスが違います。今回はこの3つの英語の違いをご紹介します。

reservation=(レストランやコンサート、交通機関などの)予約

「reservation」は席や場所を予約するときに使われます。

例)
I’d like to make a reservation for 3 people for tomorrow at 6 pm.(=明日の午後6時に3人で予約したいのですが)

この場合、基本的には 「booking」は使われません。しかし、「book」と動詞にすることで「make a reservation」と同じ意味で使えます。

book=(座席などを)予約する

ただしこれは「動詞」の場合のみ。先ほどと同じ例で見てみましょう。

例)
I’d like to book a table for 3 people for tomorrow at 6 pm. (=明日の午後6時に3人で予約したいのですが)

このようになります。「make a booking」という言い方はネイティブはしませんので気をつけてくださいね。

appointment=(病院や会議などの)予約

「appointment」は、病院やミーティングなど誰かと場所と時間を決めるときに使います。ヘアサロンやネイルサロンなどは席に座るので「reservation」と間違えやすいですが、実際には「appointment」を使いますので覚えておきましょう。

例)
I’d like to make an appointment with Mr. Andy.(=アンディさんとお約束をしたいのですが)

このように使います。

日本語ではどれも「予約する」という意味ですが、英語では用途によって使う単語が異なりますよ。ぜひこの機会に覚えておいてくださいね!

(記事協力:テンナイン・コミュニケーション

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

通訳者さんに教わる♪朝のカンタン英語レッスン

通訳者さんがわかりやすく教えてくれる朝の英語レッスン♪
Written by

テンナイン・コミュニケーション

9000名以上の通訳者・翻訳者をネットワークする通訳エージェント「テンナイン・コミュニケーション」。大手外資系企業や日系企業へ通訳者を派遣。通訳者の育成にも力を入れる。

◆【NEW!】英語でのコミュニケーション力を最短1ヶ月で強化!通訳エージェントが
開発したビジネスパーソン向け英語プログラム「One Month Program」:
https://www.ten-nine.co.jp/onemonthprogram/

◆【NEW!】1ヶ月でTOEIC(r)750点を目指す短期集中TOEIC®特化型プログラム「One MonthProgram TOEIC®」:https://www.ten-nine.co.jp/onemonth-toeic/

◆テンナイン・コミュニケーション:http://www.ten-nine.co.jp/

◆「英語で仕事をする人の応援サイト Hi!Career」:https://www.hicareer.jp/

連載記事一覧

今日の朝の人気ランキング