“Teacher”じゃないの!?英語での「先生」の正しい呼び方

 

毎週金曜日更新!通訳者・翻訳者をネットワークするテンナイン・コミュニケーションとのコラボ連載「通訳者さんに教わる♪朝のカンタン英語レッスン」。今話題のニュースに関する英語表現、英語や海外に関するトピックをご紹介します♪

教室で手を挙げる生徒

“Teacher”じゃないの!?英語での「先生」の正しい呼び方

日本の学校では先生への呼びかけはそのまま「先生!」と言いますが、英語ではどう呼ぶのが正解かご存じですか?

英語では

先生(男性の場合):Sir / Mr.~

先生(女性の場合):Ma’am / Ms.~

と呼ぶのが一般的です。

例)
生徒:Sir, I have some questions.(=先生、質問があります)
男性教師:Okay, what about?(=いいよ、なんですか?)

例)
生徒:Ma’am, I don’t understand this part.(=先生、この箇所がわかりません)
女性教師:Let me have a look. (=見せてください)

学校はもちろん、大人が通う英会話教室や習い事の先生に対しても同じ。呼びかけるときは “Teacher” ではなく、“Sir” や “Ma’am” と表現してみてくださいね!

(記事協力:テンナイン・コミュニケーション

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

通訳者さんに教わる♪朝のカンタン英語レッスン

通訳者さんがわかりやすく教えてくれる朝の英語レッスン♪
Written by

テンナイン・コミュニケーション

9000名以上の通訳者・翻訳者をネットワークする通訳エージェント「テンナイン・コミュニケーション」。大手外資系企業や日系企業へ通訳者を派遣。通訳者の育成にも力を入れる。

◆【NEW!】英語でのコミュニケーション力を最短1ヶ月で強化!通訳エージェントが
開発したビジネスパーソン向け英語プログラム「One Month Program」:
https://www.ten-nine.co.jp/onemonthprogram/

◆【NEW!】1ヶ月でTOEIC(r)750点を目指す短期集中TOEIC®特化型プログラム「One MonthProgram TOEIC®」:https://www.ten-nine.co.jp/onemonth-toeic/

◆テンナイン・コミュニケーション:http://www.ten-nine.co.jp/

◆「英語で仕事をする人の応援サイト Hi!Career」:https://www.hicareer.jp/

連載記事一覧

今日の朝の人気ランキング