ヨガで腸活!ねじって腸を刺激する「腰かけねじりのポーズ」

 

おはようございます♪ヨガインストラクターのkayoです。

ヨガは体に対して色々なアプローチができますが、今回のテーマは「腸活」「腰かけねじりのポーズ」はお腹をねじることで、腸の動きを活発にしてくれるヨガ。腰まわりが温まり、冷えにも効きますよ。ウエスト、下半身の引き締めにも◎

では早速やってみましょう♪

ヨガで腸活!ねじって腸を刺激する「腰かけねじりのポーズ」

1. 足を腰幅に開いて立ち、つま先を正面に向けます。息を吸いながら両手を前に伸ばし、吐きながらお尻をななめ後ろに引くように膝を曲げます。

ヨガで腸活!ねじって腸を刺激する「腰かけねじりのポーズ」

膝が爪先よりも前に出ないように意識しましょう。

2. 手のひらを向け合い、吸いながら両手をななめ上に伸ばします。余裕があれば目線は両手の間に向けましょう。

ヨガで腸活!ねじって腸を刺激する「腰かけねじりのポーズ」

無理のない範囲で3〜5呼吸キープします。

終えたら息を吸って手を上に伸ばして足も伸ばし、吐きながら手のひらを上にしてフワッと両手を下ろします。

3. もう一度、吸って両手を前に伸ばし、吐きながらお尻をななめ後ろに引くように膝を曲げます。

ヨガで腸活!ねじって腸を刺激する「腰かけねじりのポーズ」

4. 胸の前で合掌します。

ヨガで腸活!ねじって腸を刺激する「腰かけねじりのポーズ」

5. 息を吐きながら身体をねじり、余裕があれば肘を膝の外側にかけます。

ヨガで腸活!ねじって腸を刺激する「腰かけねじりのポーズ」

辛ければ膝にかけなくても大丈夫です。軽くねじりましょう。

無理のない範囲で3〜5呼吸キープします。

終えたら息を吸って身体を正面に戻し、吐きながら反対側にねじります。無理のない範囲でキープしましょう。

息を吸って身体を正面に戻したら、両手を上に伸ばし、足も伸ばします。

手のひらを上に向けて、息を吐きながら両手をフワッと下ろします。

ポイント

  • 肩はリラックスさせましょう。
  • ねじる時は背中が丸まらないように、腰にぐっと力を入れて背を伸ばしましょう。

いかがでしたか?

お腹をねじってキープする間、余裕があれば腹式呼吸を意識すると内臓がマッサージされてさらに効果がアップしますよ。腸活には食生活や生活習慣も大切ですが、ヨガでも是非アプローチしていきましょう!

それでは今日も素敵な1日を♪

こちらのポーズの動画をInstagramにアップしました。( https://www.instagram.com/p/CKdiBezBmQj/ )ポーズをより深めたい方は是非ご覧ください。

☆この連載は【毎週日曜日】に更新します。来週もどうぞお楽しみに!

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

Happyに生きるためのBeautyヨガレッスン

モットーは『HAPPY MIND HAPPY BODY』!人気インストラクターによるヨガレッスンコラム♪
Written by

kayo

ヨガインストラクターとして、三重と名古屋を中心に活動中。『HAPPY MIND HAPPY BODY』をモットーに日々レッスンに取り組む。
好きなことはヨガ、ワークアウト、散歩、料理、フラワーアレンジメント。著書『ヨガの心でhappyに生きる』。スイス発スポーツアパレルブランド【sn】super.natural アンバサダーや美容健康アプリFiNC アンバサダーとしても活動しています。
◆blog『kayoga life』https://kayogalife.amebaownd.com
◆Instagram@caio110

連載記事一覧

ヘルス&ビューティーの人気ランキング