丸ごと1本使用!シンプルで美味しい「きゅうりとチーズのサンドイッチ」

 

おはようございます、パン・料理家の池田愛実です。湘南・辻堂でフランスパン教室「crumb-クラム」を主宰しています。

今日は、きゅうりを丸ごと1本使ったきゅうりとチーズのサンドイッチをご紹介します!「サンドイッチなんて、具材を挟むだけでしょ?」と思われるかもしれませんが、小さなコツをちゃんとおさえながら作ると、美味しさがぐんとアップしますよ。

さっぱりみずみずしいシャキシャキ食感のきゅうりと、クリーミーなチーズの相性が抜群のサンドイッチは、残暑の蒸し暑い朝でもペロッと食べられますよ。

丸ごと1本使用!シンプルで美味しい「きゅうりとチーズのサンドイッチ」

丸ごと1本使用!シンプルで美味しい「きゅうりとチーズのサンドイッチ」

材料:1人分 調理時間:10分

  • 食パン(10枚切りがおすすめ)…2枚
  • きゅうり…1本
  • スライスチーズ…2枚
  • マヨネーズ…大さじ1
  • 塩…少々

作り方:

1) きゅうりは両端を落として半分の長さに切り、縦に置いてできるだけ薄くスライスする。両面に塩少々をふり10分おいた後、キッチンペーパーでしっかりと水気をふく。

きゅうり

ポイントその1

水分が多い食材をそのまま挟むと、食パンがベチョッとしがちです。キッチンペーパーを使ってしっかりと水分を切りましょう。

2) 食パン2枚の片面ずつにマヨネーズを塗る(あれば和からしを小さじ1/4混ぜても美味しい)

食パン

ポイントその2

パンにマヨネーズを塗ると油の膜ができて、具の水分がパンに染みにくくなります。また、きゅうりとチーズはさっぱりとしているので、分厚いパンよりも薄めのものが好相性です

3)  片方の食パンにスライスしたキュウリを少しずつずらして並べ、スライスチーズ、もう1枚のパンをのせてサンドする。しばらく置いて、向きに気を付けながら半分に切る。

サンドイッチ

このサンドイッチのポイントは、とにかくきゅうりの水分をよく切ること。作ってすぐ食べる分には大丈夫ですが、しばらく置くと後から水分が出てくるので気をつけましょう。

また、種が多い大きなきゅうりを使う場合は、スプーンで種部分を取り除いてから使うと水分が出にくくなりますよ。

もちろんお好みでハムを追加しても◎ぜひお試しください。

★最新情報はインスタグラムで更新しています→池田愛実Instagram @crumb.pain

★湘南・辻堂でパン教室を主宰しています→フランスパン教室「crumb-クラム」

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

朝においしい!手作りパン&アレンジレシピ

湘南・辻堂のフランスパン教室から届く、手作りパンやアレンジレシピ♪
Written by

パン・料理家 池田愛実

パン・料理家

湘南・辻堂でフランスパン教室「crumb-クラム」主宰。ルコルドンブルーを卒業後、同校のアシスタントを務める。26歳の時に渡仏。MOFのパン屋2軒で働きながら経験を積む。「捏ねないフランスパンレシピ」や国産小麦・自家製酵母を使ったレシピを開発している。著書『こねずにできる ふんわりもちもちフォカッチャ』。
blog :http://crumb.blog.jp
Instagram :@crumb.pain
ホームページ:https://ikeda-manami.wixsite.com/home
You Tube:パン教室Crumb-クラム

連載記事一覧

朝ごはんの人気ランキング