BLOG

朝活でどん底から脱出!早起きで見つけた人生の新しい楽しみ方

毎週水曜日の朝、会員制朝活コミュニティ「朝渋」メンバーのみなさんに、早起きの魅力やコツをご紹介いただきます♪

おはようございます!渋谷の朝活コミュニティ「朝渋」メンバーのかりな(@cariiiiiina0329です。

皆さんは、「仕事だけに追われる生活を変えたい!」と思ったことはありますか?

私はあります。昨年、3月に公私ともに大きな変化があり、気分はどん底…でも目の前に積みあがる仕事とひたすら戦わなくてはならず、その仕事量と慣れない仕事の規模の大きさに、心も身体も疲弊していきました。

平日は終電帰り、土日は平日の疲れを癒すためにひたすら寝続け、ふとしたときに悲しくなって泣いてしまう…。そんな生活を繰り返していました。

そんな5月のある日「平日はほぼ終電で友人と会う時間もなく、一週間の楽しみが何もない…もうこんなの嫌だ!」と気持ちが爆発。何か自分を変えるきっかけを探していたところ、たまたま「朝渋」を発見して興味を持ち、勢いで入会ボタンを押しました。

「新しい時間の使い方」を教えてくれた朝活

朝渋に入って最初に参加したのは著者イベントでした。

眠い目を擦りながら向かったイベントでしたが、始まったらすぐにその熱量に圧倒され、一瞬で夢中になりました。朝からこんなにも熱意が高く、人の「やる気」に触れられる場所があるのか…!と衝撃を受けたことを一年経った今でも覚えています。その日はすごく爽快な気分で会社に行くことができました。

そのあとオフ会やぷれぜん部などの部活にも参加していくうちに、朝渋に行った日は一日とても楽しく過ごせる自分に気付き、朝がどんどん好きになっていきました。

また、もともとは大の夜型の私。夜更かしして録り溜めたドラマを見たり、一晩中ゲームをしたりするのも楽しいのですが、朝に活動すると一日中気分の高揚が続き、一日の満足度がこんなにも違うのかと驚きました。

朝の時間を有効活用する楽しさを知ったことで、26年来の幼馴染と夜ごはんではなくモーニングを食べに行ったりもするようになりました。

従来の友人とも新たな楽しみを共有できるようになったことはとてもうれしい出来事でした。

朝のトースト

自分に素直に生きるということ

朝渋での朝活の魅力はなんと言っても、「自分の人生を良いものにしよう」という、メンバーそれぞれの自分の人生へのやる気の高さ。

自分が何を求めていて、どうしたら日々の生活をもっとより良いものにできるのか考えているメンバーの姿は、いつも大きな刺激となります。

朝活を始めてから、「~しなきゃならない」「~するべきだ」という他人軸で生きていたことに気づき、私はどう生きていきたいのか、自分軸で生きることを常に意識するようになりました。

また、自分に素直に生きることの大切さを感じるようになってから、どん底状態だった気持ちも徐々に上向きになり、今では毎日を笑顔で過ごすことが出来るようになりました!

お花

「早起き」で人生の充実度がアップ!

朝渋に入会したことがきっかけでカメラを始めたり、4年ぶりにピアノを再開したり。日々新たな趣味も見つけることが出来ています。

お花

もしも平日は夜が遅くて仕事しかできていない…と同じようにお悩みの方がいたら、朝の時間を作ることで気持ちがふっと楽になるかもしれません。

早起きをするためには、仕事が終わってから寝るまでの時間をいかに効率的に過ごすかということが重要になるので、自分が求めているものや不必要なものがわかってきますよ。

朝の時間を使うようになったことで、私も価値観が大きく広がり、人生の充実度が大きく向上しました。

ぜひ、早起きを通じて、自分軸の生き方をかなえてみませんか?

朝渋ONLINEのご紹介

朝の楽しみの一つになるかも!?朝渋が、全国どこからでもお楽しみいただけるようになりました。ぜひチェックしてみてください!

▼早起き×読書サロン「朝渋ONLINE」

https://online.asa-shibu.tokyo/

プロフィール

かりな

幼いころからエンタメが大好きで、エンタメ業界の隅っこで働いている会社員です。主な業務は企業のYouTubeチャンネル運営など。映画のクレジットに名前が載る宣伝マンを目指して奮闘中。

Twitter:@cariiiiiina0329

この記事を書いた人
Nice to meet you!

わたしの早起き体験記 by 朝活コミュニティ「朝渋」

公式ブログ
朝活コミュニティ「朝渋」のメンバーが綴る、早起きを習慣にするためのコツ♪
Written by

朝渋(朝活コミュニティ)

渋谷を中心に朝7:30から活動する朝活コミュニティ「朝渋」。代表は、幼少期から5時起き22時寝を習慣としている「5時こーじ」(井上皓史)。「日本の朝を変える」を理念に掲げ、できるだけ多くの人が自分らしい人生の基盤を作れるように、早起きを習慣化するための活動を行っている。活動内容は、話題書籍の著者を呼ぶ「著者と語る読書会」。また、毎日メンバー同士が就寝・起床時間をオンラインで報告する活動や、メンバーのやりたい!を朝に叶えるために、50を超える部活動を行っている。20191月より全国どこからでも参加できる早起き×読書サロン「朝渋ONLINEを始動。
https://online.asa-shibu.tokyo/

 

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

朝美人スタイルの人気ランキング