BLOG

余裕のある朝で1日をはじめる。特別じゃないから続く私の朝習慣4つ

毎週水曜日の朝、会員制朝活コミュニティ「朝渋」メンバーのみなさんに、早起きの魅力やコツをご紹介いただきます♪

おはようございます!渋谷の朝活コミュニティ「朝渋」メンバーのたけだのりこ(@noco25です。

私は以前まで、遅くまで仕事をし、飲み会があれば終電間際の帰宅、そして仕事に行く直前に起きて慌ただしく準備する生活の繰り返し。家と会社を往復する毎日でした。

半年ほど前に参加した「朝渋」をきっかけに早起きが習慣化し、以前より1時間半~2時間早く起きるように。朝に自分の時間を作ることで、余裕を持った1日を過ごせるようになりました。

今日は、そんな私が朝に意識している過ごし方4つをご紹介します。

早起きした朝は、少しだけていねいに。私の朝習慣4つ

緑を育てること

朝起きてまずやることは、植物の水やり

ふとしたきっかけで友人にもらった紫陽花。年に一度、梅雨の時期に一気に咲く花がとてもきれいで、また花が咲く日を心待ちにしながら、日々の成長を観察しています。

窓を開けて、掃除をすること

外の新鮮な空気を取り込む。

ピカピカに床掃除をして、布団を干す。

掃除をすると気持ちもすっきりし、きれいで整頓された部屋に帰ることは、仕事後の疲れもいやしてくれます。

植物
(冬が終わり、芽生えてきた紫陽花)

朝ご飯を作り、味わって食べること

あったかいお味噌汁と炊きたてのご飯、さっと作る簡単おかず。決して豪華なものではないですが、なるべく自分で作った朝食を、ゆっくりとよく味わって食べます。

コーヒーは豆から挽き、そのカタカタという音やゆっくりとお湯を注ぐ時間もまた、心地のよいものです。

朝ごはん
(だいすきなお味噌汁。写真は豚汁)

人と会うこと

そして、朝渋コミュニティに入っているので、モーニングやウクレレなど、朝に予定を入れて楽しんでいます。

そのほかにも料理やカメラ、副業で始めたベビーシッターなど。やりたいを形にして行動する、明るくて前向きな仲間が近くにいるからこそ実現できるのだと感じます。

朝のはじまりから1日を整えよう

この中でひとつでも出来ると、余裕のある朝が1日を整えてくれて、また明日少しだけ早く寝て早く起きよう、という気持ちにつながるのです。

私自身、いまではそんな朝型の生活がすっかり定着し、そのおかげで1日がとても充実したものとなっています。

ひとつひとつは特別なことではないからこそ、習慣化しやすいのかもしれません。

また、以前より物事を前向きに捉えられ、私だったらどうしたいかな?という、自分の気持ちを大切にできるようになりました。

朝型生活にシフトして、ていねいな朝を過ごすことから、心地よい毎日を積み重ねてみませんか?

朝時間
(晴れた朝の空)

それでは、いってらっしゃい!

朝渋ONLINEのご紹介

朝の楽しみの一つになるかも!?朝渋が、全国どこからでもお楽しみいただけるようになりました。ぜひチェックしてみてください!

▼早起き×読書サロン「朝渋ONLINE」

https://online.asa-shibu.tokyo/

プロフィール

渋谷の朝活コミュニティ「朝渋」メンバーのたけだのりこ(@noco25)さん

たけだのりこ

美味しいものと楽しいことが大好きな、都内勤務の会社員。週末はベビーシッターや家事代行をしています。

Twitter : @noco25

この記事を書いた人
Nice to meet you!

わたしの早起き体験記 by 朝活コミュニティ「朝渋」

公式ブログ
朝活コミュニティ「朝渋」のメンバーが綴る、早起きを習慣にするためのコツ♪
Written by

朝渋(朝活コミュニティ)

渋谷を中心に朝7:30から活動する朝活コミュニティ「朝渋」。代表は、幼少期から5時起き22時寝を習慣としている「5時こーじ」(井上皓史)。「日本の朝を変える」を理念に掲げ、できるだけ多くの人が自分らしい人生の基盤を作れるように、早起きを習慣化するための活動を行っている。活動内容は、話題書籍の著者を呼ぶ「著者と語る読書会」。また、毎日メンバー同士が就寝・起床時間をオンラインで報告する活動や、メンバーのやりたい!を朝に叶えるために、50を超える部活動を行っている。20191月より全国どこからでも参加できる早起き×読書サロン「朝渋ONLINEを始動。
https://online.asa-shibu.tokyo/

 

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

朝美人スタイルの人気ランキング