8時間以上寝るのはいいこと?最適な睡眠時間を知るメリット

連載「教えてユミ先生!睡眠のお悩み解決室」では、気持ちのいい朝に欠かせない「睡眠の悩み」を解決するヒントを、日本睡眠改善協議会認定・睡眠改善シニアインストラクターの竹内由美さん(ユミ先生)に教えていただきます

今回のお悩みは…「最適な睡眠時間の見つけ方」

忙しくて1日8時間も眠る時間がありません。週末に8時間眠った日も寝足りないと感じたり、日中眠気を感じることがあります。自分の最適な睡眠時間を知りたいです。

アスリート達の8時間睡眠エピソードを聞く一方、明らかに忙しい睡眠時間の少なそうな人がいつも元気だったりして。いったい何時間寝るのが一番いいのかと疑問に思うことありますよね。

新生活からの大型連休と、生活リズムの変化が大きかったであろうこの時期。最適な睡眠時間をもって、しっかり生活を整えていきましょう♪

今回は睡眠のプロであるユミ先生に、睡眠時間が大切な理由から、最適睡眠時間の探し方を教えていただきます。

【アドバイス1】 成人なら“7時間睡眠”からトライ!

よく「人生の3分の1は睡眠」と言われるためか、1日8時間の睡眠が良いと思っている人が多いようです。しかし、それは必ずしも正しいとは言えないようです。

近年の様々な研究データから、睡眠時間には個人差があり、年齢によっても最適な睡眠時間は変わることがわかってきました。そのため、自分に合った最適な睡眠時間を見つけるには、少し勉強することが必要になります。

8時間より長く眠るのも良くない!?

まず、そもそも最適な睡眠時間を知るとどんなメリットがあるかというと、それは、睡眠が健康な生活に欠かせないからです。実際、多くの医療専門家が病気予防、老化予防、肥満予防などに最適な睡眠時間を調査しています。

例えば、2002年、アメリカの「睡眠時間と健康リスク」という調査では、7時間前後(6時間半~8時間未満)眠っていたグループが、もっとも病気になりにくいという結果が出ています。

注目すべきなのは、6時間半より短くなるほど、また、8時間より長く眠るほど病気のリスクは高くなるということです。長く眠ったほうが健康に良いと思われがちですが、実はそうではないのです。

何時間睡眠がベストなの?

ただ、病気予防や健康寿命の観点から最適な睡眠時間を割り出すには、長期的かつ大規模な研究が必要になるため、まだわかっていないことも多くあり、短い時間でも健康に生活できているショートスリーパーや、10時間くらい睡眠が必要なロングスリーパーがそれぞれ1割程度いるとも言われています。

また、赤ちゃんや子どもは眠り方も睡眠時間も成人とは異なることも報告されていますから、自分にあった睡眠時間を知るのはそう簡単なことではないのです。

しかし、あなたが一般の成人という意識があるなら、まずは7時間睡眠からトライしてみると良いでしょう。

☆後編「最適な睡眠時間の見極めるポイント」は、5月13日(月)朝4時に公開します♪

この記事を書いた人
Nice to meet you!

教えてユミ先生!睡眠のお悩み解決室

睡眠改善シニアインストラクターによる睡眠の悩みを解決するヒント♪
Written by

睡眠改善シニアインストラクター 竹内由美

日本睡眠改善協議会認定・睡眠改善シニアインストラクター。日本産業カウンセラー協会認定・産業カウンセラー。
米国Mary Baldwin College心理学科卒業。フリーの編集ライターとして美容や健康などに関する記事に携わり、その経験から睡眠やメンタルヘルスの重要性に気付き、上記の資格を取得。忙しい現代人にこそ良質な睡眠が大切だと、雑誌や講演活動などを通して睡眠について伝えている。
著書には「眠りダイエット」(文芸社)がある。

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

ヘルス&ビューティーの人気ランキング