BLOG

朝は帰宅後から始まっている!私が続けている「早起き」のコツ

 

毎週水曜日の朝、会員制朝活コミュニティ「朝渋」メンバーのみなさんに、早起きの魅力やコツをご紹介いただきます♪

おはようございます!朝渋ONLINEに所属しているかなこ(@moderns07)です。

この「朝時間.jp」を見られている方は、朝活に興味を持っていたり、早起きを実践中だったり、あるいはちょっとブームから遠ざかって罪悪感を感じていたり…と、様々な方がいらっしゃるかと思いますが、今日はそんな皆さんに向けて、私の朝活と早起きのコツを紹介させていただきます。

私が早起きを始めたのは、社会人4年目。

3年目までは「バリバリ仕事をして経験を積みたい!」という想いから、8時から22時まで仕事であるピラティスのレッスンの準備、レッスン、練習…を繰り返す日々でした。

ストイックに、真面目に毎日を過ごしたいと思いながらも、正直疲れてダラダラすることも度々。決して成果の上がる働き方とは言えませんでした。

「これではいかん!」と感じ、将来を見据えて能動的に仕事を追っていくスタイルにしたいと思い、23時寝5時起きのライフスタイルに変えました。

まずは、その目的をカタチにしようと、早起きを習慣化する方法を考えて実践することにしました。

その中で今でも続いている、早起きするためのGood Tips(コツ)をご紹介しますね。

「帰宅後」から始まっている!私の「早起き」のコツ

帰宅後

まず帰宅したら、リビングや部屋ではなく、洗面所に直行!手洗い、うがい、メイクを落として1日頑張った自分を労ります。

そして、スマホに『眠る』10分前にアラームが鳴るように設定して、「就寝までの時間を見える化」し、それまでの時間をテキパキ過ごすきっかけを作ります。

就寝前

細々とした考え事があったり、明日の予定にプレッシャーを感じる時など、そんな日はひたすら雑記帳に書き込んで、頭の中がクリアな状態にして寝るようにしています。

また、寝付きが悪そうな日は布団の中でずっと嗅いでいたい香りを枕にシュッと一吹きしています。

私のおすすめはシャネルのNo.5で、このフローラルな香りをまとった日にはコロンと眠りについています。

起床後

朝起きたら、眠い目をこすって、お風呂の蛇口をひねりに行きます。お湯を溜めている間に、ベッドメイキング、歯磨き、その日の予定を確認していると、自然に目が覚めていきます。

…これは、朝活自体を楽しむために見つけた、私なりの方法です。

このうち1つだけでも実行できると「私、頑張っているな〜」と自分自身を褒めることができ、いい気分になるので、モチベーションを保って続けることができています。

カタチから入った早起きが「進学」につながった!

朝渋メンバーのかなこさん

このように、早起きするカタチから入ったわたしの朝活でしたが、自分の意志で過ごせる時間が増えたことで、現在のキャリアの専門性を高めたい!と思い、「大学院受験」にチャレンジしました。そして、この春から希望する学校に進学します!

思い立ったのは突然で、受験まであと3ヶ月しかない…!というタイミングだったのですが、「時間は作ることができる」ということを早起き、朝活を通して実感していたので、「受けてみたい」という心の声に従って、スムーズに舵を切ることが出来ました。

それから上司と同僚、クライアントに相談し、仕事に充てる時間を思い切って変えたおかげで、朝晩で4時間も、勉強のために時間を割けるようになりました。

また、自分の学びたいことに重きをおけるようになり、それが仕事とつながることで以前の働き方よりも成果が上がり、クライアントの信頼も上がり、と良いことしかありません…!

朝渋メンバーのかなこさん

早起き&朝活を始めたことで、私は惰性で過ごす時間が減って、今までだったら「難しい」と思うようなチャレンジに果敢に挑むことができました。

言語化出来ない、モヤモヤでも大丈夫。今とは何か違うことを求めるタイミングに、朝活はとってもおすすめです!

今日も良い1日になりますように。行ってらっしゃい!

朝渋ONLINEのご紹介

私は2月まで都内に住んでいたので、朝渋NEXTコミュニティーに所属していましたが、進学を機に引っ越したため、3月からONLINEメンバーに移行しました!

まずは、週1から朝活を始めてみませんか?

▼早起き×読書サロン「朝渋ONLINE」

https://online.asa-shibu.tokyo/

プロフィール

朝渋メンバーのかなこさん

かなこ(礒野 加奈子)

朝活歴1年半。ピラティスインストラクター、ヤムナボディーローリング認定プラクティショナー。

学生時代にいじめを経験し、色んな方法で克服を志すがうまく行かず。ダンスによる負傷で始めたピラティスが、身体機能の回復と強化とともに、心を癒やしてくれた。

身体の動きが心の状態を作っていることを信じ、世の中に広めるため、2019年4月より筑波大学院に進学予定。

note:@moderns07
twitter:@moderns07
Photo by さどまち

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

わたしの早起き体験記 by 朝活コミュニティ「朝渋」

公式ブログ
朝活コミュニティ「朝渋」のメンバーが綴る、早起きを習慣にするためのコツ♪
Written by

朝渋(朝活コミュニティ)

渋谷を中心に朝7:30から活動する朝活コミュニティ「朝渋」。代表は、幼少期から5時起き22時寝を習慣としている「5時こーじ」(井上皓史)。「日本の朝を変える」を理念に掲げ、できるだけ多くの人が自分らしい人生の基盤を作れるように、早起きを習慣化するための活動を行っている。活動内容は、話題書籍の著者を呼ぶ「著者と語る読書会」。また、毎日メンバー同士が就寝・起床時間をオンラインで報告する活動や、メンバーのやりたい!を朝に叶えるために、50を超える部活動を行っている。20191月より全国どこからでも参加できる早起き×読書サロン「朝渋ONLINEを始動。
https://online.asa-shibu.tokyo/

 

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

朝美人スタイルの人気ランキング