体調を軽やかに整える♪「朝のおかゆ」大切なコツ2つ

 
朝を楽しむ「朝美人アンバサダー」のみなさんに「お気に入りの朝の過ごし方」を教えていただく連載です!

おはようございます!朝美人アンバサダーのYuiです。平日は都内で会社員をしながら、週末は熱海でうつわ屋をしています。

うつわはもちろん好きだけれど、ご飯を食べることも大好きです。

少し前まではパンとコーヒーが毎朝の欠かせない習慣だったのですが、最近はそんな日々の合間に「おかゆ」を取り入れるようになりました。

0

おかゆといえば、風邪をひいた時に食べる料理というイメージしかなかったのですが、なんとなく見たレシピ本でおかゆが目に止まり、たまには…と取り入れたところ、これがヒット。

とても疲れている日やちょっと寝不足な日もするりと体に入っていくし、お腹がいっぱいになっても、体は軽やかです。

毎朝ではないけれど、たまにそんな朝を過ごすことで、日々の体調も整うようになりました。

私がおかゆな朝を楽しむ際に、大事にしているポイントを少しだけご紹介します。

【その1】生米からお鍋で炊くこと

1

おかゆの作り方は、生米から煮るか、炊いたお米を煮るかのどちらかですが、これまで私は炊いたお米でしか、おかゆを作ったことがありませんでした。

初めて生米から作って、思った以上に簡単にできることにびっくり。しかも、ちゃんと生米から炊いたおかゆは、一粒一粒が存在感たっぷりにふっくらしていて、とてもおいしいのでした。

【その2】副菜を充実させること

体調を整えるためのおかゆといえど、そっけないテーブルになるのは寂しいので、いつも以上に「副菜」を充実させるのが、欲張りな私流です。

メニュー構成を考える際は、味のバリエーションと彩りも少しだけ意識します。ここに気をつけるだけで、見た目も楽しいテーブルに。

この日もほうれん草の胡麻和えと里芋の煮物、煮卵、漬物と、食感や味が異なる4種の副菜を揃えてみました。

2

食欲の秋が深まってきたこの季節、つい毎食に全力を尽くしてしまいがちですが、たまにはおかゆで小休憩を入れるのはいかがでしょうか。

日々健康を気遣う生活はなかなかハードルが高いですが、たまのおかゆくらいならチャレンジもしやすいですよ。意外と体に合って、はまってしまうかも…?

3

今回ご紹介してくれた朝美人アンバサダーさん

yuiさん

Yuiさん(会社員・うつわ屋オーナー)

平日は都内で会社員、週末は熱海でうつわ屋 MY TABLEオーナー。もっとうつわを楽しんでもらうために、食事会や作家の教える陶芸ワークショップも企画。instagramではうつわ選びにこだわる朝を発信中。国内で行ったことのない4県に旅して47都道府県を制覇することが2016年からの目標。

■blog:https://www.mytable.jp/blog

■Instagram:@yui_itoh

朝美人アンバサダー2017のみなさんのプロフィールはこちら >>(https://asajikan.jp/ambassador_2017)

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

朝美人アンバサダー「お気に入りの朝の過ごし方」

朝美人アンバサダーさんによるリレーコラム
Written by

朝美人アンバサダー

朝って、いいな♪」を合言葉に、朝の過ごし方や楽しみ方を発信してくれている、公式「朝美人アンバサダー」のみなさん。「お気に入りの朝の過ごし方」は、人によってそれぞれ。気になるアンバサダーの方がいたら、ぜひブログやSNSもチェックしてみてください。プロフィール一覧はこちら

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

朝美人スタイルの人気ランキング