涙ナシじゃ読めない…!家族を大切にしたくなる小説『さくら』

 

9月30日:今日は「両親の日」

今日は、両親への感謝の気持ちをあらわす日として定められた記念日。

社会人になってしまうと、両親と会話をする機会が減ってしまった…という方も多いと思います。ましてや、一人暮らしをしている方なら、なおさら両親と会話する機会が少ないですよね。

今日は、家族ってやっぱりいいな!と感じられる本をご紹介します♪

 家族ってやっぱりいいね。泣ける小説「さくら」

「さくら」 西 加奈子 (著)

4l7L

さくら (小学館文庫)

西加奈子さんが描く、ある一家の物語。薫には2つ上の兄・一(はじめ)と、妹の美貴、飼い犬のサクラ、そして、仲の良い美しい父母がいます。幸せそうな家族なのですが、スーパースターのような存在だった兄が、ある事故に巻き込まれ、20歳で自殺をしてしまいます。その事件きっかけに、家族が崩壊していく様子と、悲しみを乗り越えようとする姿が描かれています。

この作品で描かれている家族の様子は、きっと日常にあふれている家族像ではないと思います。

しかし、どんな家族であれ、うまくいかないことってありますよね。恥ずかしい部分や、両親や兄弟をひどく傷つけたり、迷惑をかけてしまったりと、ダメな部分を共有するのが家族だと思うんです。

この「さくら」に出てくる家族のありかたも、特殊だけれど、決してないとは言い切れません。

どんなにケンカをしても、どん底に落ちても、でもどこかで繋がっているのが家族。切っても切れない縁の力と、家族のありがたみや優しさを、西さんの文章が気づかせてくれます。特に後半は涙なしでは読めなかったです。

読み終わったあと、家族をもっと大切にしたくなる、そんな温かい作品だと思います。ぜひお手に取ってみて下さい。


家族との日々を思い返せば、やり直したいことばかり。何であんなこと言ってしまったんだろう?なんで見に行ってあげなかったんだろう?…

振り返っても、私は後悔の方が多いと思います。でも時間は戻らないから、ちゃんとこういった気持ちを覚えておけるように、本を読んで感じたことは忘れないようにしています。

読書って、自分たちが忘れている感情を思い出させてくれるツールだと思うんです。日々の生活の中で、感じたことは忘れていってしまうから、定期的に本を読んで思い出して、自分に言い聞かせています。

感謝の気持ちを忘れないでおこう、もっと努力しよう…とか。

きっとこの本も、家族のことを考えられるヒントになると信じています。

「両親の日」とは?

自分の可能性は「無限」であることに気づき、やりたいことを現実にする「夢限」の力を仲間と創り出すことを掲げる「超」∞大学の松永真樹氏が制定。両親への感謝の気持ちをあらわす日として、両親の前で「産んでくれてありがとう」と伝えるイベントなどを行う。日付は9と30を反対から表記すると039となり「お父さん、お母さん(0)、サンキュー(39)」の語呂合わせから。

▼あなたは今日をどんな1日にしたい?朝時間.jpのiPhoneアプリにある、1日をハッピーにするための新習慣「ひとこと朝宣言」で、今日の目標ややりたいことを宣言してみて! iPhoneアプリダウンロードはこちら♪ → http://apple.co/1pWvasG

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

コラム「今日は何の日?」[2019年更新終了]

「今日は○○の日」にまつわるデイリーコラム♪
Written by

なっちゃん

テレビ番組制作会社の勤務を経て、ライターへ転身。グルメ、ライフスタイルの記事執筆が得意です。朝ごはんが大好きで友人と2人で朝ごはんのお店を紹介するブログ【「朝ごはんソムリエ」になってみた】を運営中。朝美人アンバサダーとしても活動を行っています♪

◆ブログ:http://asagohansomurie.blog.jp
Twitter:https://twitter.com/natvco

連載記事一覧

今日の朝の人気ランキング