仕事のイライラも解消!?「空を見上げる」嬉しい効果2つ

 

86c28a9931923ef205e2decb943b765f_s

9月20日:今日は「空の日」

秋晴れの空ってとっても気持ちがいいですよね!

涼しく感じたり、夕焼けがキレイだったりで、最近空を見上げることが増えてきたな~と思う方もいるのでは?

空を見上げると、なんだか不思議な力が沸いてくる気がしませんか?自然の力だから…?と漠然に思いがちですが、実はちゃんとした理由があるんですよ!今日は、空を見上げる効果について調べてみました。

自然の力ってやっぱりすごい!「空」を見上げて元気になろう♪

  • リラックスできる

空を見上げるため、外に出ますよね!まず太陽光を浴びると、「セロトニン」と呼ばれるホルモンが体内で生成され、精神を安定させてくれるそうです。「セロトニン」は別名「幸せホルモン」と呼ばれており、この成分が増えることで、精神を安定させるだけではなく、うつ病や不眠症予防の効果があるともいわれています。

夜更かしをしたり、日中にあまり活動を行っていない人は、「セロトニン」が不足しがち。不足するとまずストレス耐久性が落ちてしまい、ちょっとしたことでイライラしてしまったり、悲しくなってしまうんだとか…!

最近、気分が上がらなかったり、涙もろかったりしていませんか?もしかすると「セロトニン」不足かもしれません!しっかり太陽の光を浴びるため、まずが外に出て光を浴びることを意識してみましょう。

  • 気分が落ち着く

空の青さにも効果があるんですよ!「青」にはクールだったり、冷静といった意味があり、その青さを見ることで、自分の気持ちを落ち着かせることができるんです。

確かに、明るい青空を見ているだけで、気持ちが穏やかになった!という経験がある方もいるはず。また、青色は副交感神経に作用して、脈拍や血圧を下げる効果もあるんだとか…!

 

…いかがでしょうか?大人になると我慢を覚えてしまって、つい真っ直ぐ目の前のことばかり見てしまいがちですよね。でもたまには、視線をぐっと上向きにして、大きな広い空を見上げてみませんか?

思いっきり深呼吸して、「は~」っと息を吐いてみて下さい。自然の力って侮れないなーと思うはず。

騙されたと思って、今日の休憩の合間に空を見上げてみませんか?

「空の日」とは?

1911年(明治44年)の今日、山田猪三郎が開発した山田式飛行船が東京上空を1時間にわたり初飛行したのを記念して、1940年(昭和15年)に制定された「航空の日」を発展的に改称したもの。航空の安全と一層の成長を願い、広く国民に親しまれるようにアピールしていくのが目的。

▼あなたは今日をどんな1日にしたい?朝時間.jpのiPhoneアプリにある、1日をハッピーにするための新習慣「ひとこと朝宣言」で、今日の目標ややりたいことを宣言してみて! iPhoneアプリダウンロードはこちら♪ → http://apple.co/1pWvasG

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

コラム「今日は何の日?」

「今日は○○の日」にまつわるデイリーコラム♪
Written by

なっちゃん

テレビ番組制作会社の勤務を経て、ライターへ転身。グルメ、ライフスタイルの記事執筆が得意です。朝ごはんが大好きで友人と2人で朝ごはんのお店を紹介するブログ【「朝ごはんソムリエ」になってみた】を運営中。朝美人アンバサダーとしても活動を行っています♪

◆ブログ:http://asagohansomurie.blog.jp
Twitter:https://twitter.com/natvco

連載記事一覧

今日の朝の人気ランキング