ダイエットも美肌もかなう!「早寝早起き」でキレイになれる理由4つ

 

hygiene-870763_960_720

おはようございます!キレイナビ代表・美容家の飯塚美香です。

実は私は、朝時間.jpの連載を始める2年前まで、早起きが大の苦手でした。しかし連載をきっかけに朝を意識するようになった今では、5時か6時には起床する早起き習慣へと変わりました!

そして、早起きは美容と健康に大きな効果があることを実感。今回は、そんな私が感じた「早起きによる美ヂカラUP効果」をご紹介します。

【その1】「スキンケア」に時間がかけられる

早起きをすると自分にかけられる時間が増えます。

ギリギリまで寝ていた以前は、朝のスキンケアにかけられる時間がなく、洗顔後にオールインワンゲルとBBクリームをざっと塗って終わり!ということもありました。

夜と違って朝のスキンケアはおざなりになりがちですが、起きてから夜洗顔をするまでの肌は朝のスキンケアが決め手。自分の肌状態を触って確認しながら、丁寧なスキンケアをすることで美ヂカラUP!

1日乾燥知らずの美肌をキープするには、朝のスキンケアが大切です。

【その2】その日の気分で「メイク」が楽しめる

cosmetics-2116381_960_720
その日の気分や服装に合わせてメイクを決める。そんな風にメイクを楽しめるのも、早起きするからこそ。

ギリギリまで寝ていたのでは、メイクもそこそこに家を出なければなりません。時間に余裕ができると、失敗しがちな眉毛も修正しながらキレイに描くことができます。

メイクが好きな方は早起きして、毎日のメイクをもっと楽しみましょう!

【その3】朝の運動で「代謝がよく太りにくい体」へ

con_0513

忙しくてジムに通ったりジョギングをする時間がない方には、朝のちょこっと運動がおすすめです。5分でも10分でも朝に体を動かすことで、代謝がよくなり太りにくい体を目指せます。

運動をすると目覚めもよく、気持ちいいですよね。

私は10分ほど自宅の周りを走ったり、バランスボールに体を預けて腹筋をしています。じんわり軽く汗がにじむ程度がポイントです。

【その4】早寝早起きで「肌も体調も」絶好調!

GK034_72A

早起きをすると夜は22時には眠たくなります。夜更かししてお酒を飲んだりするのも楽しいですが、それは週末のお楽しみに。平日は22時~23時間には寝ています。

お肌のゴールデンタイムは22時~2時で、その間に熟睡しているとよいと言われています。理由は成長ホルモンが分泌される時間帯だからですが、肌によいだけではありません。

成長ホルモンは髪やまつ毛、バストや腸など体の様々な箇所に作用。ダイエットやエイジングケアにも効果が期待できます。早寝早起きを習慣にしてから、体中の調子がすこぶる絶好調に!

かつての私のように早起きが苦手な方は、まずは22時を目安に早寝をしてみて下さい。夕食も早い時間帯に軽めに済ませておけば、ちょうどよい空腹感とともに早起きしやすくなると思います。

…仕事が残っていて早く寝られない場合は、頭が冴えている朝に片付けてしまう方法も!ぜひ早寝早起きで美ヂカラをUPしましょう。

☆この連載は<毎週火曜日>に更新します。来週もどうぞお楽しみに…!

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

朝のビューティー習慣123♪

スキンケア術やメイクなど、朝からキレイを磨くための習慣
Written by

美容家 飯塚美香

有限会社アイアール代表取締役。美容コミュニティサイト「キレイナビ」を運営する他、長年のインターネットと美容の知識を生かし美容ライターとしても活躍。ポータルサイトでの美容コラム執筆、美容関連サイトの監修やライター講師などを担当する。日本ダイエット健康協会認定インストラクター等の資格を生かし、外側だけでなく体の中からの健康的な美しさを追求する。ダイエットの講師を務める他、全国各地で美容イベントを開催。

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

ヘルス&ビューティーの人気ランキング