それって失礼かも!日本人がやりがちな英語の敬語表現ミス3つ

オンライン英会話「DMM英会話」の人気ブログとのコラボ企画!覚えておきたい英語表現や英文、海外旅行や海外生活のお役立ち情報を、朝時間.jp 編集部がピックアップ!朝ごはんのトーストを焼いている間や通勤中…朝のスキマ時間にサクッと読んで、英語力、海外への理解度アップを目指しましょう♪

「英語はフランクな言葉で、敬語という表現がない」と思っている人が意外と多いようです。

でも実際には「友だちや家族と話すときのカジュアルな言い方」と「相手を立てた丁寧な言い方」が使い分けられており、そのことを理解していない場合、英語としては間違っていなくても、失礼な言い方になっている…日本人が英語を話す時、そういうシーンがたくさんあります。

今回は、普段使われる英語表現の中から、日本人がよくやりがちな「意外と失礼な言い回し」をご紹介します。

やりがちミス【1】 「what」や「who」を使って質問する

話している相手の名前やメールアドレス、または電話番号を知りたいときに、あなたは英語でどのように聞きますか?

What’s your name? / Who are you? / What’s your phone number?

もしもこんな風に尋ねているのであれば、それは少し失礼な聞き方をしています。

日本語でも、いきなり取引先やお客さんに対して、「あなたは誰?」「名前は何ですか?」「電話番号は何番ですか?」とは聞きませんよね。「名前(連絡先)を伺ってもよろしいですか?」などという言い回しをするはずです。それは、英語でも同様です。

適切な表現はこちら

Could I ask for your name / phone number?(=名前(電話番号)をお伺いしても良いですか?)

Could I have your name / phone number ?(=名前(電話番号)をいただいても良いですか?)

やりがちミス【2】 気軽に「want」を使う

目上の人にコーヒーを出しながら「お砂糖やミルクはいりますか?」と質問するとき、英語ではどのように言うのでしょうか?

Do you want some sugar and milk?

このように聞くのは間違いではありません。しかし、正解でもないんです。

この表現をニュアンスも含めて日本語に訳すと「砂糖とミルクはいる?」のようになります。もし自分が上司だったら、部下からこのように上から目線で聞かれたら驚きますよね。

丁寧な言い方にするためには、“want” ではなく “would like” を使います。さきほど紹介した文章を丁寧な言い回しにすると、次のようになります。

適切な表現はこちら

Would you like some sugar and milk?(=コーヒーと砂糖はいかがでしょうか)

I would like to make an appointment to see Mr. Jones.(=ジョーンズさんに会う約束をさせてください)

やりがちミス【3】 「Yes」や「No」だけで答える

何か質問をされたとき、多くの日本人は “Yes” と “No” だけで答えてしまいがち。

英語圏の家庭や学校では、「“Yes” “No” だけで答えるのは良くない」と厳しくしつけられるほど大切なポイントです。

例えば、「コーヒーを飲みたい?」と聞かれたとき。“Yes” や “No” だけで答えると、無愛想や不躾な印象を相手に与えてしまいます。そのようなときは、次のように答えましょう。

適切な表現はこちら

A:Would you like some coffee?(=コーヒーはいかがですか?)
B:Yes, please. / No, thank you.(=はい、ください / いいえ、結構です)
—–
A:Have you been to New Zealand?(=ニュージーランドに行ったことありますか?)
B:Yes, I have. / No I haven’t.(=はい、あります / いいえ、ありません)

ただ “Yes” や “No” と答えるのではなく、“please” や “thank you” を付け足して答えたり、“Have you 〜?” と尋ねられたのであれば、“Yes, I have.” か “No I haven’t.” と丁寧に答えるのがポイントになります。


…いかがでしたか?

今回ご紹介したフレーズは、どれも中学校で習う基礎的な英語表現ばかり。でも、細かいニュアンスまで教えてもらっていないものも多いので、失礼な言い方だと気づかぬまま、ずっと使い続けてしまう可能性も…。

多少間違えて失礼な言い方をしてしまったとしても、ネイティブの人たちは「悪意はないだろう」とは理解してくれるはずです。

しかし、できれば印象の良い英語表現できちんと伝えたいもの。ネイティブの先生から気軽に英会話が学べる「DMMオンライン英会話」などで徐々にコミュニケーションに慣れることで、少しずつ身に付けていきましょう♪

その他、知らないと失礼な英語の敬語表現についてもっと詳しく知りたい方はこちら(DMM英会話ブログへ)

▼“Please” を付ければ「丁寧」ではない!知らないと失礼な英語の敬語表現4パターンはこちら >>

記事公式協力:オンライン英会話ランキング8部門で満足度 No.1 DMM英会話

この記事を忘れずに保存しておきたい!そんなあなたは「お気に入りクリップ」機能が使えてベンリなiPhoneアプリをダウンロード♪http://apple.co/1pWvasG

「朝時間.jp」iPhoneアプリをダウンロード >>

この記事を書いた人
Nice to meet you!

みんなの朝時間.jpツイート

今日の朝の人気ランキング