BLOG

『夜中にジャムを煮る』わたしの味をつくる、台所をめぐるエッセイ

 

今日の「まっこリ~ナのカフェボンボン」の本棚は、『夜中にジャムを煮る』

わたしの味ってなんだろう? その答えは台所にある。エッセイスト・平松洋子の料理をめぐる、味わい深いエッセイ集です。

20161214
夜中にジャムを煮る
著者:平松洋子
出版社:新潮社

つくるよろこび、食べるよろこび。おいしい匂いがたちこめる台所に、その両方が満ちてくる。

著者の台所には、いくつもの忘れがたい思い出がある。子供の頃の台所は、いつもうれしい場所だった。せがむとお母さんがチキンライスをこしらえてくれた。料理のむずかしさを知った一人暮らしの台所、幼い娘のために湯を沸かした真冬の夕暮れの台所。

台所が「わたしの味」を育ててくれた。そんな日々のなかで、食べることとつくることが少しずつ近づいて重なっていく……。

台所のよろこびを見つけるのが本当に上手い人だと思う。夜中にジャムを煮るのもそのひとつ。夜ふけの静けさに包まれて「ゆっくりとろけてゆく果実をひとり占めにした」あとには、ただ幸福な朝が待っている。

台所は自分だけの秘密のたのしみを見つける場所でもあるのですね。夜の台所しごとが朝のしあわせにつながっているところが素敵です。おいしい朝ごはんもたくさん出てきます。台所への愛しい想いがあふれる一冊をどうぞ。

Love, まっこリ〜ナ

*朝読書のすすめ『まっこリ~ナのCafe BonBon』連載一覧はこちらです。
https://asajikan.jp/topics/cafebonbon/

朝読書のすすめ『まっこリ~ナのCafe BonBon』はこちら>>

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

朝読書のすすめ『まっこリ~ナのCafe BonBon』

公式ブログ
小説から絵本まで、編集者が選ぶ”朝読書”におすすめの1冊
Written by

まっこリ〜ナ

編集者・ライター

出版社勤務を経てフリーランスに。図鑑や写真集、子どもの本や雑誌などの編集に携わる。本がくれる愛のチカラを糧に生きる日々。いちばん好きな本の主人公は長くつ下のピッピ。
趣味は草花園芸、編み物、ランニング、スポーツ観戦。

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

今日の朝の人気ランキング