BLOG

世界料理の「おいしい!」は千差万別!食で地球を旅する本

今日のカフェボンボンの本棚は、『世界を食べよう』

世界料理の多様性を知る本。東京外国語大学の先生たちが、世界各国の「食」文化を紹介するユニークなエッセイ集です。

20160826
世界を食べよう! 東京外国語大学の世界料理
編:沼野恭子
出版社:東京外語大学出版会

○○料理というものを今までに何種類くらい食べたことがありますか? 各国の料理に興味しんしん、たくさんトライしてみたい。そんな方には、世界の伝統料理の数々が登場するこの本がオススメです。

あの国の主食は?食事の時のあいさつは?モンゴルの白い食べ物・赤い食べ物って?ミャンマーの麺料理・寄進用の100人レシピの作り方は?世界の美食ベスト1は?食文化の多様性を感じさせる興味深い話題が目白押し!

ちなみに「世界の美食ナンバー1」に選ばれたのはタイ料理のマッサマン・カレー。タイ文学の美しい詩にも歌われているそうです。

この本の魅力は、先生方が歴史、文学、美術、言語学などそれぞれの専門分野の視点から「食」を語っているところ。料理のレシピも掲載しています。

ポーランド料理のビゴス、ベンガル料理のキチュリ、マレーシア料理のナシ・ルマッ、フィリピン料理のギナタアンビロビロ。エキゾチックな料理の名前に旅心誘われて。

一度も食べたことのない一皿をレシピ頼りに作ってみたい。まだ見ぬ異国の地へ本で旅する気分を味わえる一冊をどうぞ。

ラブ&ピースな一日を♥
Love, まっこリ〜ナ

*朝読書のすすめ『まっこリ~ナのCafe BonBon』連載一覧はこちらです。
https://asajikan.jp/topics/cafebonbon/

朝読書のすすめ『まっこリ~ナのCafe BonBon』はこちら>>

この記事を書いた人
Nice to meet you!

朝読書のすすめ『まっこリ~ナのCafe BonBon』

公式ブログ
小説から絵本まで、編集者が選ぶ”朝読書”におすすめの1冊
Written by

まっこリ〜ナ

編集者・ライター

出版社勤務を経てフリーランスに。図鑑や写真集、子どもの本や雑誌などの編集に携わる。本がくれる愛のチカラを糧に生きる日々。いちばん好きな本の主人公は長くつ下のピッピ。
趣味は草花園芸、編み物、ランニング、スポーツ観戦。

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

今日の朝の人気ランキング