BLOG

【日曜日の絵本】スヌーピーの仲間たちと病気について考える本

今日のカフェボンボンの本棚は、日曜日の絵本。

もし友だちが重い病気になったとき、私たちはどうしたらいいの? スヌーピーとその仲間たちと一緒に考える絵本です。

BONBON420

ある日、ライナスのクラスメートの女の子ジャニスが入院します。チャーリー・ブラウンとライナスはジャニスのお見舞いにいき、彼女が白血病だと知ります。

こんなつらいことにはじめて直面した二人。ジャニスと大の仲良しのライナスは今までに味わったのこのない心の痛みを感じます。

友だちが重い病気になったとき、どうしたらいいのだろう。自分にできることはその子のつらい気持ちを感じること。心優しく友だち思いのライナスがそう教えてくれます。

「なんでジャニスばっかり特別扱いするのよ、えこひいきしてる」そんな不満をぶつける子どもたちに、ライナスはしっかりと自分の気持ちを伝えます。

小児がんとたたかう子どもたちに力を貸してほしい。この絵本はひとりの看護婦さんがシュルツさんに宛てた手紙から生まれました。長年、小児がんの治療に携わってこられた聖路加病院の医師・細谷亮太先生が訳しています。

20160703
チャーリー・ブラウン なぜなんだい?
作:チャールズ・M・シュルツ/訳:細谷亮太
出版社:岩崎書店

***

イマジネーションが広がる日曜日。
一冊の素敵な絵本と出会ったら、いつもと少しだけ違う月曜日が始まります。

楽しい休日を。
Love, まっこリ〜ナ

*朝読書のすすめ『まっこリ~ナのCafe BonBon』連載一覧はこちらです。
https://asajikan.jp/topics/cafebonbon/

朝読書のすすめ『まっこリ~ナのCafe BonBon』はこちら>>

この記事を書いた人
Nice to meet you!

朝読書のすすめ『まっこリ~ナのCafe BonBon』

公式ブログ
小説から絵本まで、編集者が選ぶ”朝読書”におすすめの1冊
Written by

まっこリ〜ナ

編集者・ライター

出版社勤務を経てフリーランスに。図鑑や写真集、子どもの本や雑誌などの編集に携わる。本がくれる愛のチカラを糧に生きる日々。いちばん好きな本の主人公は長くつ下のピッピ。
趣味は草花園芸、編み物、ランニング、スポーツ観戦。

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

今日の朝の人気ランキング