BLOG

軽やかな心と体をつくる「手放す」習慣を日々の暮らしに生かすコツ

今日のカフェボンボンの本棚は、『禅の教えに学ぶ 捨てる習慣と軽やかな人生』

余分なものを捨てればシンプルに美しく過ごすことができる。禅僧で庭園デザイナーの著者が、禅の「捨てる」思想を日々の暮らしに生かす方法を伝えます。

20160306a
禅の教えに学ぶ 捨てる習慣と軽やかな人生
著者:枡野俊明
出版社:朝日新聞出版

自分にとっての「余分なもの」はなんだろう? 身のまわりも頭のなかも、本当は必要じゃないものにあふれていたとしたら。

禅の美学とは、余分なものを捨て極限までシンプルにすること。過剰な物や情報だけではなく、怒りや不安などの「負の感情」も手放していく。

禅の考え方を暮らしに生かすには、小さなことを淡々と続けるのがコツ。たとえば、無心で掃除をする、玄関の靴をきちんと揃える、夜は心配事はしない、嫌なことがあったらすぐ反応せず一呼吸おく、週に一度は精進料理を食べる。

習慣にしたいなら100日は続けてみる。やがて、余分なものにおぼれていた時には見極められなかった、本当に必要なことが見えてきます。

シンプルな生活の「朝時間」は、5分掃除。
朝の掃除で1日をスタート。きっと心に余裕が生まれます。

自分にとって大切なことは何かを知るために。

同じ著者の本、こちらもどうぞ。
『不安の9割は消せる』
『心配事の9割は起こらない』

Love, まっこリ〜ナ

*朝読書のすすめ『まっこリ~ナのCafe BonBon』連載一覧はこちらです。
https://asajikan.jp/topics/cafebonbon/

朝読書のすすめ『まっこリ~ナのCafe BonBon』はこちら>>

この記事を書いた人
Nice to meet you!

朝読書のすすめ『まっこリ~ナのCafe BonBon』

公式ブログ
小説から絵本まで、編集者が選ぶ”朝読書”におすすめの1冊
Written by

まっこリ〜ナ

編集者・ライター

出版社勤務を経てフリーランスに。図鑑や写真集、子どもの本や雑誌などの編集に携わる。本がくれる愛のチカラを糧に生きる日々。いちばん好きな本の主人公は長くつ下のピッピ。
趣味は草花園芸、編み物、ランニング、スポーツ観戦。

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

今日の朝の人気ランキング