痩せたい!でも食べたい…ワガママかなえる“太らない食べ方”

季節は変わっても、一年中キレイな女性でいるために気になる話題といえばやっぱり「ダイエット」ですよね。これだけ多くのダイエット法やダイエット食品が溢れていても、残念ながら成功率は高いと言えないのが辛いところ。

今回は、カロリー制限やスロートレーニングといった“とにかく痩せる”ことを目的としたダイエット法ではなく、身につけることで太りにくいカラダになる“太らない食べ方”をご紹介します!

f85d18354cbe5142b3c1de36add375ae_s

 

食べない“がまんダイエット”は挫折のもと

食べないダイエットはストレスを溜めるだけでなく、空腹時間が長くなるため、次に食べ物を口にした時は、より多くの脂肪を蓄えようとカラダが働き、かえって太りやすくなるので気をつけましょう!ダイエット成功のカギはしっかり食べて太らない、満腹ダイエットです♪もちろん、何でも好きなものを好きなだけ食べていいわけではありません。カロリーを消費しきれずオーバーすれば脂肪になりますし、偏った食事をすれば便秘や肌荒れの原因になります。それではどんなものを意識して食べればいいのでしょうか?

 

大切なのは何を食べるか

健康的に美しく痩せるためには、いつでも「低カロリー」「高たんぱく」「高繊維」を意識してみてください。といっても、すべての食べ物のカロリーを計算したり覚えたりする必要はありません!例えばメニューを選ぶ際、唐揚げと焼き魚だったら焼き魚にするといった「カロリーが低そうな方を選ぶ」技を身につけるだけでも違ってきます。

たんぱく質はホルモンや代謝とも大きな関わりがあるので、不足は禁物細胞の代謝を促し、脂肪の燃焼や美肌作りにも大切な役割を果たしてくれています。植物性たんぱく質と動物性たんぱく質をバランスよく摂ることが大切です。食物繊維はその抜群のデトックス効果で、整腸作用やコレステロールの排泄に役立つだけでなく、満腹感を得られるのでダイエットには欠かせない存在♪そして食事の際は、食物繊維(野菜)から先に食べることがポイントです!当然、早食いは厳禁!よく噛んで食べてくださいね。

 

主食(糖類)だけ低GIダイエット!

「低インシュリンダイエット」と称して一時話題になった低GI食品ですが、全ての食材を覚えるのは至難の技。そこでおすすめは“主食だけ”低GIダイエットです♪

GIとは血糖値の上がりやすさを数値で示したもので、私たちのカラダは血糖値が上がるとインシュリンが分泌されて血糖値を下げます。ところが過剰に分泌されたインシュリンは脂肪を溜めこむ働きがあるため肥満の原因に。つまり、血糖値を急に上げないことが大切なのです。そこで、3食しっかり食べる主食には低GI食品を選ぶこと!

例えばごはんなら玄米や雑穀米、パンなら全粒粉やライ麦、麺類ならそば、といった具合です。なんとなく頭の片隅に入れておいてくださいね♪

 

ダイエット中でも女性はホルモンの影響で生理前には食欲がコントロールしにくい状態になるうえ、カラダがたくさんの栄養と脂肪を蓄えようとするので体重増加しやすくなる過食期が訪れます。そんな時でも“太らない食べ方”をおさえておけば怖くありません!私もこの太らない食べ方を実践していつもしっかり食べています。

ガマンガマンの辛いダイエットではなく、食べてもいいダイエットを始めませんか?

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

美肌食マイスターのビューティー習慣

食事、生活習慣が変わる!美肌食マイスターが教えるビューティー習慣
Written by

宮内美苗(編集部)

美肌食マイスター。
今日の食事が未来の美肌を作る!をモットーに、高い美容費をかけなくても女性がキレイでいられるサポーター的存在でありたいと願い日々活動中。ダイエットアドバイザー、ジュニア野菜ソムリエの資格を併せ持ち、カラダの内側からのスキンケア、食べてキレイになれる情報を発信しています。

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

ヘルス&ビューティーの人気ランキング