BLOG

オランダで大人気の愛らしい本『イップとヤネケ』

今日のカフェボンボンメニューは、『イップとヤネケ』

小さな男の子と女の子の日常を描く、素朴な幸せに満ちた物語です。前回に続き、アニー・M・G・シュミットの作品をお届けします。

20120925

イップとヤネケ
著者:アニー・M・G・シュミット/訳:フィープ・ヴェステンドルプ/絵:西村由美
出版社:岩波書店

お隣同士のイップとヤネケは、生け垣のすき間から行ったり来たりして遊ぶ大の仲良し。おじいちゃんにりんごを届ける途中で道草したり、鳥の巣を見つけたり、子猫の世話をするふたりの様子がとてもさりげなく、身近に感じられるように語られます。

小さなイップとヤネケにとっては、毎日がびっくりするように真新しくて、近所の農場や海に出かけるのは、きっと大冒険ですよね!

イップとヤネケの「朝時間」は、イップのママの誕生日。朝早く、ふたりはママのために一緒に庭の花を摘みます。

本書は、黒いシルエットの挿し絵が有名なシュミットの代表作。国際アンデルセン賞も受賞したシュミットは、「オランダで、アニー・M・G・シュミットの本がない子ども部屋はない」と言われるほどの人気だそうです。

1話が短いのでお子さんへの読み聞かせにもおすすめです。私の場合は、愛らしいストーリーをいくつか読むだけで、疲れが取れて頭がほぐれます。シュミットの描く温かい家庭の雰囲気が、幸せな気分をもたらしてくれるのかもしれませんね。

本のお供には、オランダ風ワッフルとココアをいかがですか。

Love, まっこリ〜ナ

この記事を書いた人
Nice to meet you!

朝読書のすすめ『まっこリ~ナのCafe BonBon』

公式ブログ
小説から絵本まで、編集者が選ぶ”朝読書”におすすめの1冊
Written by

まっこリ〜ナ

編集者・ライター

出版社勤務を経てフリーランスに。図鑑や写真集、子どもの本や雑誌などの編集に携わる。本がくれる愛のチカラを糧に生きる日々。いちばん好きな本の主人公は長くつ下のピッピ。
趣味は草花園芸、編み物、ランニング、スポーツ観戦。

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

今日の朝の人気ランキング