BLOG

七夕の日に曇り空が多い理由

 

iStock_000011209577XSmall

本日は7月7日。七夕ですね。

七夕といえば天の川ですが、あいにく曇り空の年が多いような気がしませんか?

先日、テレビで誰かが言っていた言葉で、印象的だったものがあります。

「七夕があいにくのお天気なことがが多いのは、​織姫と彦星がこっそり会いたいから」

確かに、年に一度の出会いの日。日本中の好奇の目(?)にさらされる、と思うと、織姫と彦星も恥ずかしいのかも(笑)

普段七夕の日が曇り空だと、「なんだー」と思ってがっかりしてしまいますが、今年はこの話を聞いたお陰で、「今日は、ゆっくり二人っきりになれてよかったね」と、なんだかあったかい気分になれました。

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

いつも余裕があるママの朝時間の過ごし方

公式ブログ
朝活の第一人者 ママになった池田千恵さんの朝の過ごし方
Written by

池田千恵

株式会社朝6時 代表取締役。朝イチ業務改善コンサルタント。慶応義塾大学卒業。外食企業、外資系企業を経て現職。企業の朝イチ仕事改善、生産性向上の仕組みを構築しているほか、個人に向けては朝活でキャリア迷子から抜け出すためのコミュニティ「朝キャリ」(https://ikedachie.com/course/salon/を主宰。10年連続プロデュースの「朝活手帳」など著書多数。

連載記事一覧

朝美人スタイルの人気ランキング