BLOG

すきま時間に歪みを整える!骨盤調整ピラティス「ヒップ・アダクター」

 

おはようございます!ピラティスインストラクターみぃです。

こんなお悩みありませんか?

  • 左右の脚の長さが違う
  • くびれの高さが左右で違う
  • 股関節が硬い
  • 反り腰や腰痛
  • むくみ

などなど…。もしかするとこう言ったお悩みの原因の一つに、「骨盤の歪み」が関係しているかもしれません。

今日は骨盤の歪みを、骨盤に付着している筋肉を整えることで対策していきます。

今回整える筋肉は「内もも」です。ぜひ最後まで読んで、トライしてみてくださいね!

骨盤の歪みを整える!「ヒップ・アダクター」

下側の脚の内ももを使います。

1) 肩の真下に肘を付き、上の脚をまっすぐ伸ばしてスタートポジションをとる。

ヒップ・アダクター

※下側の脚は膝を曲げます
下側の足のカカトは、上側の膝内側につけておきます

2) 息を吐きながら、膝をマットから持ち上げる。

ヒップ・アダクター

※上半身はなるべく安定させましょう

3) 息を吸いながら、膝をマットの上に戻す

ヒップ・アダクター

※エクササイズ中はずっと、カカトは膝についたまま行います

4) 膝の上げ下げを10回繰り返し、反対側も行う。

これはダメ!NG例

骨盤が後ろに倒れる

ヒップ・アダクター

骨盤を倒すと膝を持ち上げやすいですが、目的である内ももの筋肉を使えていません。

膝を持ち上げるのはほんの少しでも良いので、骨盤の安定の意識を大切にしましょう!

効く場所

内もも(大内転筋)

回数の目安

10

エクササイズのポイント

下の2つの意識を大切にすると、骨盤を安定させやすいです。

  • 上側の脚の太もも裏側・お尻の境目を軽く引き締める意識
  • 腹圧を保つ意識 

***

いかがでしたか?

今回鍛えた内ももの筋肉は、「大内転筋」という、骨盤の後ろ側からついている筋肉です。

  • そけい部が硬くて開きにくい人
  • 反り腰・腰が硬い人
  • いつも前ももが張る人

にはぜひアプローチしてもらいたい箇所です(^^)

「できる範囲で」「無理なく」を大切に。小さな積み重ねが、大きな変化を生みます。変化の過程を、一緒に楽しんでいきましょう!

今回のエクササイズ動画をInstagramにもアップしました!ぜひ動画もご活用ください。

動画はこちら▼

https://www.instagram.com/reel/CmWVtOXpLSq/

最後までお読みいただきありがとうございます!今週も健やかに過ごせますように♪

★この連載は<毎週木曜日>更新です。来週もどうぞお楽しみに!

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

すきま時間にキレイになる!今日の「1日1ピラティス」

公式ブログ
ちょっとしたすきま時間にできる!簡単ピラティスレッスン♪
Written by

ピラティスインストラクター みぃ

ピラティスインストラクター/国際薬膳師

「心も体も健やかに、喜び溢れる毎日を」をテーマに、オンラインピラティスレッスンとオリジナルブレンド薬膳茶の開発・販売をしています。

自身の側湾症による腰痛や婦人科疾患による手術の経験から、運動習慣と食生活の大切さを痛感。でも、自分のことは二の次になりがち。そのような人に寄り添いたい!という想いから、
すきま時間に、気軽に取り組める健康法を、ピラティス×食の側面からサポートしています。

◆Instagram@xi_moon.healthy_life
◆公式ホームページ(レッスン情報など)https://www.xi-moon.com

連載記事一覧

今日の朝の人気ランキング