見ているだけで自律神経が整う!?「クラゲ」の癒やし効果とは

 

12月9日:今日は「えのすいクラゲの日」

今日は、「えのすいクラゲの日」。新江ノ島水族館が制定した記念日なのだそう。

新江ノ島水族館といえば、クラゲの幻想的な展示が有名ですよね。プロジェクションマッピングを活用したクラゲショーも行われているそうですよ。(※現在は一時的にクラゲショーを休止しているとのこと)

クラゲ

さて、クラゲって、眺めているだけでただただ癒される…そう感じたこと、ありませんか?

調べてみると、クラゲには実際「自律神経を整える」効果がある(リラックス効果がある)そうですよ。

クラゲの癒やし効果って?

クラゲ

ゆらゆら、ゆっくりと動くクラゲの動きを眺めていると、副交感神経が優位となることが実験で立証されているそう。

ちなみに、副交感神経とは、癒し・リラックスの神経のこと。逆に、交感神経とはストレス・興奮の神経のこと。基本的に、副交感神経と交感神経は交互に優位になるもの。ですが、ストレスが溜まっていると、交感神経(興奮する神経)がずっと優位になってしまうことも。交感神経が優位になりっぱなしでいると、心身ともに不調となってしまいます。

最近、ストレスが溜まってイライラしているな…という方は、次のお休みに水族館に行ってみてはいかがでしょうか?

「えのすいクラゲの日」とは?

神奈川県藤沢市の新江ノ島水族館が制定。同館で2011年1月より毎月9日に開催している一般参加型のプログラムでは、「えのすいトリーター」(展示飼育職員)の相模湾クラゲ調査に同行し、自然環境や生物の多様性について考える。こうした活動をより多くの人に知らせ、関心を持ってもらうのが目的。日付はクラゲの「ク」から毎月9日に。

出典:一般社団法人 日本記念日協会ホームページ <https://www.kinenbi.gr.jp/>

★この連載は毎朝更新します。明日もどうぞお楽しみに!

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

雑学コラム「今日は何の日?」

「今日は○○の日」にまつわるデイリーコラム♪会話のキッカケとなるような雑学やネタをご紹介します。
Written by

林 美帆子

会社員をしながらライターとして活動しています。数年前、仕事のストレスで心身のバランスを崩したことがきっかけで朝型生活にシフト。体質改善や転職に成功し、すっかり朝型生活のとりこになりました。最近お気に入りの朝時間の過ごし方は、マインドフルネス瞑想をすること。週末には都内の朝カフェ巡りもしています。朝時間を丁寧に過ごすと、その日1日がより豊かなものになる。ということを、多くの方に広めていきたいです。
【Instagram】https://www.instagram.com/miho333
【ブログ】https://ameblo.jp/cheerful32/

連載記事一覧

今日の朝の人気ランキング