想像してみて!英語「Elephant in the room(象が部屋にいる)」の意味と使い方

 

毎週金曜日更新!通訳者・翻訳者をネットワークするテンナイン・コミュニケーション「朝時間.jp」のコラボ連載「通訳者さんに教わる♪朝のカンタン英語レッスン」。今話題のニュースに関する英語表現、英語や海外に関するトピックをご紹介します♪

口をおさえる女性

想像してみて!英語「Elephant in the room(象が部屋にいる)」の意味と使い方

“Elephant in the room” は直訳すると

Elephant in the room=象が部屋にいる ※直訳

という意味になりますが、実際は家の中に象がいるなんてことはないですよね!この比喩表現、実際はどういう意味で使われるか分かりますか?

実はこれ、ネイティブがよく使う表現なんです。正解は…

Elephant in the room=触れてはいけない話題

という意味になり、例えば以下のように使われます。

例)
A:Mrs. Yamada quit!?(=山田さんって会社辞めたの?)
B:Yes, but don’t bring it up. It’s the elephant in the room.(=そうなんだけど、それは触れてはいけない話題だよ)




部屋の中に大きな象がいると、明らかに誰の目にも入りますよね。ですが「その事をあえて話題にしない」「見て見ぬふりをする」…この比喩表現は、そんな状況を意味します。

つまり、象を大きな問題と見立てて、口に出しづらい状況を表しているのです。

部屋の中に象がいる状況を想像すると…たしかにかなり気まずく、口に出しづらい気がしませんか?理にかなっていますよね。

もし上の例文を日本語に訳すなら「空気を読んで」のように言い換えられるのではないでしょうか。

この表現で表される「触れてはいけないこと」は、かなり大きな問題をさしますので、この言葉を聞いたら注意が必要だということを覚えておいてくださいね!

(記事協力:テンナイン・コミュニケーション

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

通訳者さんに教わる♪朝のカンタン英語レッスン

通訳者さんがわかりやすく教えてくれる朝の英語レッスン♪
Written by

テンナイン・コミュニケーション

9000名以上の通訳者・翻訳者をネットワークする通訳エージェント「テンナイン・コミュニケーション」。大手外資系企業や日系企業へ通訳者を派遣。通訳者の育成にも力を入れる。

◆【NEW!】英語でのコミュニケーション力を最短1ヶ月で強化!通訳エージェントが
開発したビジネスパーソン向け英語プログラム「One Month Program」:
https://www.ten-nine.co.jp/onemonthprogram/

◆【NEW!】1ヶ月でTOEIC(r)750点を目指す短期集中TOEIC®特化型プログラム「One MonthProgram TOEIC®」:https://www.ten-nine.co.jp/onemonth-toeic/

◆テンナイン・コミュニケーション:http://www.ten-nine.co.jp/

◆「英語で仕事をする人の応援サイト Hi!Career」:https://www.hicareer.jp/

連載記事一覧

今日の朝の人気ランキング