“What’s the 411”って何?アメリカ英語「411」の意味と使い方

 

毎週水・金曜日更新!通訳者・翻訳者をネットワークするテンナイン・コミュニケーションとのコラボ連載「通訳者さんに教わる♪朝のカンタン英語レッスン」。水曜日は、英語や海外に関するトピックをご紹介します♪ 

数字イメージ

“What’s the 411”って何?アメリカ英語「411」の意味と使い方

英語では、数字が別の意味で使われることがあります。そのひとつが「411」ですが、どのような意味か分かりますか?

例えば

What’s the 411 on tomorrow night’s plans?

というように使われます。アメリカに滞在した経験がある方はもしかするとピンときたかもしれませんね!この例文を日本語にすると

What’s the 411 on tomorrow night’s plans?=明日の夜の計画、詳細はどんな感じ?

といった意味の、カジュアルな質問文になります。

411=情報、詳細

411はもともとアメリカの電話番号案内の局番を指します。そこから派生し、「情報」「詳細」という意味の口語として使われるようになりました。

ちなみに、イギリスでは411を使わないのでアメリカ特有のイディオムです。

“I’ll give the 411 on…”
というように言われたら、局番ではなく、何かの情報をもらえると思ってくださいね!

(記事協力:テンナイン・コミュニケーション

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

通訳者さんに教わる♪朝のカンタン英語レッスン

通訳者さんがわかりやすく教えてくれる朝の英語レッスン♪
Written by

テンナイン・コミュニケーション

9000名以上の通訳者・翻訳者をネットワークする通訳エージェント「テンナイン・コミュニケーション」。大手外資系企業や日系企業へ通訳者を派遣。通訳者の育成にも力を入れる。

◆【NEW!】英語でのコミュニケーション力を最短1ヶ月で強化!通訳エージェントが
開発したビジネスパーソン向け英語プログラム「One Month Program」:
https://www.ten-nine.co.jp/onemonthprogram/

◆【NEW!】1ヶ月でTOEIC(r)750点を目指す短期集中TOEIC®特化型プログラム「One MonthProgram TOEIC®」:https://www.ten-nine.co.jp/onemonth-toeic/

◆テンナイン・コミュニケーション:http://www.ten-nine.co.jp/

◆「英語で仕事をする人の応援サイト Hi!Career」:https://www.hicareer.jp/

連載記事一覧

今日の朝の人気ランキング