どれも同じじゃないの!?英語の「OK」「I’m OK」「It’s OK」の違い

 

毎週水・金曜日更新!通訳者・翻訳者をネットワークするテンナイン・コミュニケーションとのコラボ連載「通訳者さんに教わる♪朝のカンタン英語レッスン」。金曜日は、今話題のニュースに関する英語表現をご紹介します♪

OKポーズをする女性

どれも同じじゃないの!?英語の「OK」「I’m OK」「It’s OK」の違い

皆さんは “OK.” “I’m OK.” そして “It’s OK.” この3つの違いをご存じですか?

「どれも同じじゃないの!?」と思われるかもしれませんが、ネイティブはこれらを全く違う意味で使っています。今日はその違いを見てみましょう。

OK:了解です

例)
Aさん:I’ll give that work to Yumi. (=この仕事ユミに頼もうと思って)
Bさん:OK. That’s sounds good.  (=了解です。いいと思いますよ)

I’m OK:(健康面において)大丈夫です、(断りたいときの)結構です

“I’m OK.”は、健康に問題がない時や何かを断る時に使います。いずれの場合も、気遣って尋ねてくれたことに感謝して、下の例のように “Thank you.” を添えるようにしましょう。

例)
Aさん:Are you alright? You look pale.(=大丈夫?顔色悪いよ)
Bさん:I’m OK. Thank you for asking.(=大丈夫。心配してくれてありがとう)

It’s OK:気にしないで

謝ってきた相手をなぐさめたい時に便利なのがこの言い回しです。多くの場合 “No problem.(問題ないよ)” や “Don’t worry about it(心配無用です)” などと合わせて使います。

例)

Aさん:I’m sorry. I broke your pot.(=ごめん、あなたの壺を割っちゃった)
Bさん:It’s OK. Don’t worry about it.”.(=大丈夫だよ、気にしないで)

同じ “OK” でもかなりニュアンスが違いますよね!どれも日常会話で使用頻度の高いフレーズなので、ぜひこの機会に違いを覚えておきましょう♪

☆この連載は<毎週金曜日>に更新します。来週もどうぞお楽しみに…!

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

通訳者さんに教わる♪朝のカンタン英語レッスン

通訳者さんがわかりやすく教えてくれる朝の英語レッスン♪
Written by

テンナイン・コミュニケーション

9000名以上の通訳者・翻訳者をネットワークする通訳エージェント「テンナイン・コミュニケーション」。大手外資系企業や日系企業へ通訳者を派遣。通訳者の育成にも力を入れる。

◆【NEW!】英語でのコミュニケーション力を最短1ヶ月で強化!通訳エージェントが
開発したビジネスパーソン向け英語プログラム「One Month Program」:
https://www.ten-nine.co.jp/onemonthprogram/

◆【NEW!】1ヶ月でTOEIC(r)750点を目指す短期集中TOEIC®特化型プログラム「One MonthProgram TOEIC®」:https://www.ten-nine.co.jp/onemonth-toeic/

◆テンナイン・コミュニケーション:http://www.ten-nine.co.jp/

◆「英語で仕事をする人の応援サイト Hi!Career」:https://www.hicareer.jp/

連載記事一覧

今日の朝の人気ランキング