家にある材料でできる!おうちで簡単「ブリトー」2種

 

おはようございます!料理家の村山瑛子です。

今日は、朝でも簡単にできる「ブリトー」の作り方をご紹介します。ブリトーの生地は、おうちにある材料で手軽に作れます。パンやお米がないときなど、レパートリーに入れておくと、とっても便利なんですよ☆

中に巻くのは、作りおきのおかずや野菜、ハム、卵など何でもOKですが、今日は手軽な「ハムチーズ」、スパイシーな「チリコンカン風」の2種を選んでみました♪

家にある材料でできる!おうちで簡単「ブリトー」2種

家にある材料でできる!おうちで簡単「ブリトー」2種

ハムチーズのブリトー(4枚分)

【生地】

  • 薄力粉    80g
  • 片栗粉     20g
  • サラダ油(米油やオリーブ油でも可)  大さじ2
  • 塩     2つまみ
  • 水      140ml

【具材】

  • ハム    8枚
  • スライスチーズ   4枚

作り方

1) 薄力粉・片栗粉・塩をよく混ぜて、油と水を数回に分けて入れて、ダマにならないように混ぜて生地を作る。

※生地はすぐに焼くこともできますが、少し冷蔵庫で休ませるとよりもちもちしておいしくなります♪

2) フライパンにオリーブ油(分量外)を少量なじませて熱する。温まったら一旦火を止め、お玉一杯分くらい生地を流し、お玉の背を使って丸くのばす。

※フライパンが熱々のまま生地を入れると、生地がのびにくくなります。また、フライパンが温まってないと生地が流れてしまい、きれいな丸になりません。

3) 再び火をつけ、弱めの中火で焼く。裏面に軽く焼き色がついたらひっくり返して、ハム2枚・チーズ1枚をのせ、サイドを少したたんでからフライパンの上でくるくると巻いていく。

※具材は1枚ずつでもOKですが、ハムが多いほうがよりおいしくなります。

4) 巻き終わったら、フライ返しなどで押し付けながら表面を焼く。熱いうちにいただく。

※このワンステップで、チーズが溶けてとろとろに仕上がります♪

スパイシーチリコンカン風ブリトー

1) 上と同じ方法で、ブリトーの生地を作る。

2) 市販のミートソースに、カレー粉少々と、タバスコ、ミックスビーンズ(それぞれ適量)を加えて、レンジで温かくなるまで加熱する。

3) ブリトーの生地が焼けたらお皿にのせ、(2)のミートソース、刻んだアボカドやトマト、クリームチーズ、千切りキャベツなどをのせ、巻いて仕上げる。

※サイドはたたまずにくるくると巻いていき、ラップやアルミホイルに包んで食べると具がはみ出さずに食べやすいですよ◎

いかがですか?みんなで好きい具材を巻き巻きしても、楽しいですよ!きっとお子さまにも喜ばれると思います。バナナ・あんこなどを巻いた、スイーツ系ブリトーアレンジもオススメです!

とっても簡単なのでぜひ、試してみてくださいね♪

★最新情報を随時更新中!村山瑛子 公式Instagram:@murayamaeiko

☆この連載は【毎週火曜日】更新です。次回もどうぞお楽しみに!

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

朝食女子のための基本レッスン

朝ごはんメニューを美味しく作る”基本”
Written by

料理家 村山瑛子

(料理家・フードコーディネーター)
新潟県出身。女子栄養大学食文化栄養学科卒業後料理家のアシスタントに就め独立。「料理って簡単!食卓って楽しい!」をモットーに雑誌などのレシピ提供やスタイリング・番組制作などに携わり活躍中。代官山にあるLatelier de SHIORIのビギナーレッスンを担当する。著書に「手抜きでサクッと♡イイ女ごはん」がある。【ホームページ】http://www.murayamaeiko.com  【instagram】 https://www.instagram.com/murayamaeiko/

連載記事一覧

朝ごはんの人気ランキング