おはようございます♬

先日、出張で初めてアメリカの首都
ワシントンDCに行ってきました。

前回の記事でご紹介致しましたが
私の住んでいるシアトルがあるのは
アメリカの西ワシントン
そして今回行くのがニューヨークもそちら側
アメリカのワシントンDC

ワシントンState of Washington
これはなんとなくわかる気がするけれど
DCって何なのよ?と思いませんか?(私だけ?)

DCDistrict of Columbia (コロンビア特別区)
正しくはWashington D.C.と表記する
どこの州にも属さない特別なエリアのこと。

勘の良い方はもうお気付きだと思いますが
コロンビアはアメリカ大陸を発見した(とされる)
クリストファー・コロンブスにちなんでいるそう。

ともかくアメリカという国のど真ん中
政治の中心。街を歩けば、顔を上げれば
何かしら有名な建物が目に飛び込んできます。
例えばこんな風に。

ワシントンDCの象徴の1つ「ワシントン記念塔
(Washington Monument)
アメリカの初代大統領ジョージ・ワシントンの
功績を称えて作られた記念塔。

 

こちらは、アメリカ歴代大統領の中で私たちも
世界史で習ったので名前は憶えているはず(?)の
第16代大統領のリンカーンの銅像が有名な
リンカーン記念堂 (Lincoln Memorial)

この2つは特に映画やドラマによく登場するので
見たことあるって方もいらっしゃるかも。

 

さらに大統領の住むホワイトハウスや国会議事堂、
最高裁判所にFBI(CIAはお隣のバージニア州にあります)
アメリカ中の秘密を保管していると言われている
公文書図書館なんかもDCにあって
どこの写真を撮ったらいいのかわからなくなる
すごい地区。私も途中で写真を諦めました…涙

 

そんな東京の大手町と霞が関を合わせたみたいな
ワシントンDCですが、私のお目当て別にあって

それがスミソニアン博物館

アメリカを代表する科学・産業・技術
芸術・自然史の博物館並びに研究所の総称で
その施設数、19施設。

そのうちの大半の施設がこのワシントンD.C.の
ナショナルモール(下の看板の緑の部分)という
エリアの中にあって

下の看板のオレンジ色のもの全てスミソニアン。

右上の「国会議事堂」(United States Capitol)から
左下の細長い「ワシントン記念塔」まで
徒歩圏内にちょっと歩けばスミソニアン!
ってくらいたくさんあるんです。

そのすべてをご紹介しようと思ったけど
一瞬で心が折れるほどの博物館たち。

今日、明日はその中でも今回の旅で気に入った
3つの施設についてご紹介したいと思います。

 

そしてなにがすごいってこの施設たち
全てが入場料 無料なんです。
(運営資金はアメリカ合衆国連邦政府の財源及び寄付・寄贈
ショップ&出版物からの利益で賄われているため)

 

そんなわけで実は私
「まぁ、無料だからねそれなりな感じかもな」
なんて考えながら、スミソニアンの1つ
『ナショナルポートレートギャラリー』
(The National Portrait Gallery)へ向かったわけですが

あら?ここ写真だけじゃない。絵画も…?
なんてさらにビックリ(予習が足りないだけ…涙)

ここは1つの建物に(ちょうど半分こしているそうです)
ナショナルポートレートギャラリー』と
スミソニアンアメリカンアート美術館
(Smithsonian American Art Museum) が入っていて
1つの建物で2度美味しい美術館。

その中で気に入った作品を何点か…
まずは歴代大統領たちの肖像画のコーナー。

ケネディ大統領以降になってくると
忠実で重厚な肖像画からポップになってきて

クリントン大統領はこんな感じ。

オバマ大統領に至ってはこんな感じで
奥さんのミシェル・オバマ氏の肖像画と共に
一番の人だかりでした。確かに素敵♡

 

モダンアートで言えば
アメリカの車のライセンスプレートや

 

メジャーリーグ。
(永遠のライバル:ヤンキースとレッドソックス)

 

エキシビジョン「American Myth & Memory
硫黄島の星条旗(この特別展示がすごく良かった♬)

 

映画「OK牧場の決闘」の1シーン

 

そしてバービー人形の中でも
ブラックバービー

 

と、こちらは本物のブラックバービー。
(絵画ではなく手前にいる女性に注目してください)

絵画の前で息子さんに写真を撮ってもらっている
お母さんのポージングと笑顔があまりにも素敵で
承諾を得て撮影させていただいたんですが

外国の方のこういうところってかっこいいなぁ
なんてシミジミ。

 

そんなわけで、まずはワシントンDC出張初日の
朝をお届けしました。

明日はワシントンDCの象徴その2と
スミソニアンの続きをご紹介したいと思います。

みなさま、どうぞSweetな1日を♡

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

【アメリカ・シアトル】Sweet Morning Delivery from Seattle

米国・シアトル在住レポーターから届くシアトルの朝時間
Written by

はらだちほ(アメリカ在住)

(アメリカ・シアトル 滞在中)

会津若松で生まれ 夢の『海外での大学生活』に破れ上京。 インド〜ネパールに学生時代を捧げ TV→広告代理店→コスメ→IT企業と転職 合間に旅を重ね、震災を機に会津へ戻り、 復興イベントなどを手掛け、 新たな舞台に相応しいのかシアトルへ。 暮らすように旅して、旅するように暮らしてます♪

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

世界の朝の人気ランキング