安心するのはまだ早い!残暑も気をつけたい熱中症対策2つ

 

残暑に外を歩く女性

8月23日:今日は「処暑」

二十四節気のひとつ「処暑」。この時期から暑さが峠を越えて、少しおさまるといわれています♪

さて、猛暑がようやくおさまると聞くと安心してしまいますが、まだまだ油断禁物なのが、熱中症!ちょっと涼しくなった残暑に熱中症になる人も多いそうですよ!

今日は、残暑になっても気をつけたい熱中症対策の基本について調べてみました☆

安心するのはまだ早い!残暑も気をつけたい熱中症対策2つ

水分補給はこまめに!

残暑になると朝晩が涼しくなり「もうすぐ秋だな~」と感じる日が増えてきますよね。それと同時に、真夏に比べて水分摂取量が減っている…なんてことはありませんか?

気温が少し下がって真夏日になることは減っても、まだまだ夏日のような気温がつづく8月下旬~9月は、こまめな水分補給が必須!

ご自身はもちろんお子さんにも、夏と同じくらいお水やお茶を持ち歩いて、脱水症状に注意してくださいね。

夏に冷たいものを飲みすぎて胃腸が弱っている可能性もあるので、胃腸ケアや冷え対策のためには、氷を抜いたり、常温のものがおすすめです。

クーラー・扇風機を上手に活用!

今年は梅雨明けが例年に比べぐんと遅かったせいか、8月の猛暑日はよけい厳しく感じた方も多いのでは?

真夏に常にクーラーを稼働させていた分、少し涼しい残暑は使用を控えようかな…と思う方もいるかもしれませんが、残暑もまだまだ暑い時期なので、クーラーや扇風機は上手に活用しましょう。

ただし、真夏のように夜中もクーラーをつけっぱなしにしていると、残暑は冷えすぎることがあるので、設定温度をあげたりタイマー活用がおすすめ。

体に直接風が当たらないように工夫してみましょう。

どうしてもクーラーが苦手!という方は、ひんやりタオルや保冷材などを活用して、お部屋での熱中症対策も引き続き万全にしましょう。

***

熱中症を防ぐには、水分摂取や温度の調整だけではなく、睡眠、運動、食事といった生活バランスももちろん大切です。

まだまだ油断禁物な残暑。体調管理に十分注意しながら、夏の終わりをハッピーに過ごしましょう♪

「処暑」とは?

二十四節気のひとつ。暑かった季節もようやく峠を越えておさまる頃とされるので「処暑」。日中は残暑が厳しい地方もあるが、朝夕は涼しい風が吹く時期に入る。

▼あなたは今日をどんな1日にしたい?朝時間.jpのiPhoneアプリにある、1日をハッピーにするための新習慣「ひとこと朝宣言」で、今日の目標ややりたいことを宣言してみて! iPhoneアプリダウンロードはこちら♪ → https://apple.co/2RK3Dcj

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

コラム「今日は何の日?」

「今日は○○の日」にまつわるデイリーコラム♪
Written by

なっちゃん

テレビ番組制作会社の勤務を経て、ライターへ転身。グルメ、ライフスタイルの記事執筆が得意です。朝ごはんが大好きで友人と2人で朝ごはんのお店を紹介するブログ【「朝ごはんソムリエ」になってみた】を運営中。朝美人アンバサダーとしても活動を行っています♪

◆ブログ:http://asagohansomurie.blog.jp
Twitter:https://twitter.com/natvco

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

今日の朝の人気ランキング