朝のメイク時間が短縮!きれいな「アイライン」を簡単にひくワザ

4万人以上のカウンセリング、メイクアップを担当する中で「日本女性を美しく見せるメイク術」を確立!自然体な大人メイクを伝導しているメイクセラピスト荻野愛子さんによる連載「史上最高にキレイになる♪朝の美人メイクメソッド」がスタート!朝のメイクで美人になるヒントを毎週ご紹介します♪

メイクセラピストの荻野愛子です。

働く女性が日本中でどんどん活躍していく現代ですが、朝はとても忙しくパタパタと過ごしてしまうという方も、多いのではないでしょうか?

メイクをする時間すら惜しい朝もありますよね。それでも、顔の印象を大きく左右する「アイメイク」だけは何とか死守したいところ。

連載初回の今日は、素早く簡単に、しかもきれいに見せるアイライナーの引き方をご紹介させていただきます。

朝のメイク時間が短縮!きれいな「アイライン」を簡単にひくワザ

アイラインが難しいのはなぜ?

アイメイク

自分でメイクをする時は正面から鏡に向かいますが、人とは真正面で接する機会は意外と少なく、横の方が見られていることの方が多いというのは、ご存じですか?

さらには瞬きなど、まぶたを閉じた瞬間もかなり見られています。

ところで、雑誌やネットでアイライナーの引き方を調べると

「まつ毛の間を埋めるように」

というやり方がよく紹介されていますが、慣れていないと、とても時間がかかり、神経を使いますよね。アイラインを難しく感じる原因のほとんどがこれだと思います。

ですが、ちょっとした工夫をするだけで、簡単に素早く、そしてきれいなアイラインが完成しますよ!

アイライン→シャドウがコツ!時短でナチュラルなアイラインのひき方

1) まずは、リキッドタイプのアイライナーを用意してください。

色はブラウンがおすすめです。肌なじみが良く、ナチュラルな印象を作ることができます。

2) リキッドアイラインをひきます。ポイントは「まつ毛に沿わせること」。まつ毛に筆を預けるようなイメージで引いてみましょう。

※慣れてくるとこれだけで、自然とまつ毛の間が埋まりますが、この時点で多少ガタガタになってしまっても大丈夫。

※アイラインの終わりは目尻側のまつ毛の生え際まで引くと、より自然に見えます。

3) ラインを引いた後、ダークカラーのアイシャドウを使ってそのラインをぼかしていきます。

パレットタイプのアイシャドウの場合はその中で一番濃い色を選んでください。引いたアイラインの上をなぞるように、アイシャドウをのせていきます。

※この一手間を加えるだけで、アイラインがとてもナチュラルに肌なじみして、いかにも「アイライン引いています!」といった不自然な印象が消えてしまいます。多少ガタついていたアイラインも、この一手間で驚くほど綺麗に修正が可能です。

時短できれいに仕上がるアイラインのひき方、いかがでしょうか?

「アイライン → アイシャドウ」という順番でメイクをしたことが無い方も多いかと思いますが、ぜひこのメイクテクニックを試してみてください。

時間に余裕のある、優雅な朝を過ごしていただくために、今後も時短メイクテクニックをお伝えしていきます。来週日曜日もどうぞお楽しみに。

☆この連載は<日曜日>に更新します。次回もどうぞお楽しみに…!

この記事を書いた人
Nice to meet you!

史上最高にキレイになる♪朝の美人メイクメソッド

人気メイクセラピストに教わる、美人になる朝のメイク術♪
Written by

メイクセラピスト 荻野愛子

トップクラスのアドバイザーとして4万人以上のカウンセリング、メイクアップを担当する中で「日本女性を美しく見せるメイク術」を確立。その人の中の美しさを引き出し、豊かさを高める「MUSE(ミューズ)メイクレッスン」を中心に活動中。MUSEメイク8タイプ診断・カラー診断と合わせて自然体な大人メイクを伝導している。

公式ブログ 「毎朝のメイクが楽しくなる」:https://ameblo.jp/sorataro-minisora
Facebook:https://www.facebook.com/MUSEmake/
「MUSEメイク」公式サイト:https://www.muse-make.com/

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

ヘルス&ビューティーの人気ランキング