「お揃いの」を1単語の英語で言うと?

毎日更新!英語を聞いて学べる「コスモピアeステーション」とのコラボ連載「1日1つずつ覚えよう!朝のひとこと英語レッスン」。日常の会話シーンにでてくるリアルで簡単な英語表現をご紹介します♪

お揃い

「お揃いの」を1単語の英語で言うと?

今日覚えたいキーフレーズは、アシュリーがアナに、ペットコンテストについて聞くシーンからピックアップ♪

Ashley: I should have brought Dublin. He would’ve won a contest!(私もダブリンを連れて行けばよかった。彼ならコンテストで勝てたでしょうね)

Anna: It’s not very easy to win one of these.  Does he have a costume?(こういうコンテストで優勝するのは簡単じゃないのよ。彼は衣装は持ってる?)

Anna: They had a costume contest. You should have seen this little girl. She and her dog wore matching princess costumes!(衣装コンテストもあるのよ。あなた、あの小さい女の子を見るべきだったわ。その女の子と彼女の犬は、お揃いのお姫様の衣装を着てたのよ!)

Ashley: Dublin doesn’t wear costumes.(ダブリンは衣装は着ないの)

訳:コスモピア編集部 VOA Learning Englishより

今日のキーフレーズ

should have brought(bringの過去分詞)~” は「(~を)連れて行くべきだった」。”should have ~(動詞の過去分詞)” は「~すべきだった」「すればよかった」という意味でよく使われる言い回しです。

また、「お揃いの~」は “matching ~” でOK。例えば「お揃いの靴」は “matching shoes” となります♪

(コンテンツ公式提供:コスモピアeステーション「eステ」

この記事を書いた人
Nice to meet you!

みんなの朝時間.jpツイート

今日の朝の人気ランキング