「I have a plan」はNG!?単数と複数で意味がちがう英単語5選

週水・金曜日更新!オンライン型英会話学習教材「シャドースピーキング」事務局とのコラボ連載「通訳者さんに教わる♪朝のカンタン英語レッスン」。水曜日は、英語や海外に関するトピックをご紹介します♪

単数形?複数形?

「I have a plan」はNG!単数と複数で意味が変わる英単語5選

「予定があります」と言いたい時に使われがちな、”I have a plan.” 。実は、ちょっと間違った言い回しになっています。

”a plan” は「(何かを達成するための)計画・戦略」という意味になります。単に「予定」と言いたい場合には、次の例文のように、複数形の ”plans” が使われます。

Sorry, I have plans for lunch today.(=すみません、今日のランチは予定があるんです)

このように、複数形の「-s」を付けることで、意味が変わる単語があります。

例えば

work(仕事)⇔ works(作品)

manner(態度)⇔ manners(礼儀作法)

paper (紙)⇔ papers (書類)

people (人々)⇔ peoples (民族)

単数形、複数形、両方の意味をしっかりと理解して、使い分けていきたいですね!

(記事協力:シャドースピーキング事務局

この記事を書いた人
Nice to meet you!

通訳者さんに教わる♪朝のカンタン英語レッスン

通訳者さんがわかりやすく教えてくれる朝の英語レッスン♪
Written by

テンナイン・コミュニケーション

7000名以上の通訳者・翻訳者をネットワークする通訳エージェント「テンナイン・コミュニケーション」。大手外資系企業や日系企業へ通訳者を派遣。通訳者の育成にも力を入れる。

◆テンナイン・コミュニケーション:http://www.ten-nine.co.jp/
◆「英語で仕事をする人の応援サイト Hi!Career」:https://www.hicareer.jp/

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

今日の朝の人気ランキング