「結婚を祝う」はどっち?”celebrate”と”congratulate”の違いとは

週水・金曜日更新!オンライン型英会話学習教材「シャドースピーキング」事務局とのコラボ連載「通訳者さんに教わる♪朝のカンタン英語レッスン」。水曜日は、英語や海外に関するトピックをご紹介します♪

結婚式

「結婚を祝う」はどっち?”celebrate”と”congratulate”の違いとは

6月と言えばJune bride!

日本語では、結婚する友人を「祝う」ことも、結婚記念日を「祝う」ことも、どちらも同じ動詞(祝う)を使いますが、英語の場合は注意が必要です。

英語では、結婚する友人を「祝う」場合は”congratulate” を使い、結婚記念日を「祝う」時には”celebrate” と、同じ「祝う」でも違う単語を使うのです。

“Let’s congratulate him on his marriage.”(=彼の結婚をお祝いしよう)

のように”congratulate”は、”congratulate+人+on” で、人を目的語にとり、何かについて「誰か」を祝う場合に使います。

一方“celebrate”は

“We celebrated our wedding anniversary with champagne.”(=結婚記念日をシャンパンでお祝いした)

のように ”celebrate”の後には人ではなく、記念日や催しなどを祝う場合に使われます。

つまり、「結婚を祝う」と言いたいとき、”congratulate” も ”celebrate” も、両方使われますが、「誰か」を祝うのか、「記念日」を祝うのかによって、使い分けが必要になります。

日本語にすると同じ「祝う」という意味になるので、「何を祝うか」に気を付けて使いましょう!

この記事を書いた人
Nice to meet you!

通訳者さんに教わる♪朝のカンタン英語レッスン

通訳者さんがわかりやすく教えてくれる朝の英語レッスン♪
Written by

まゆ

シャドースピーキング・ナビゲーター。

テンナイン・コミュニケーションにて通訳・翻訳およびシャドースピーキング開発を担当。上智大学学国語学部卒業。

・TOEICスコア 985点。
・TAFE通訳・翻訳コース修了
・国内通訳学校にて訓練
・医学系研究所にて翻訳
・一部上場製薬会社にて部付通訳・翻訳
・官公庁・企業にて通訳

◆シャドースピーキング:http://shadow-speaking.com/trial/
◆テンナイン・コミュニケーション:http://www.ten-nine.co.jp/

※シャドースピーキングは7000名の通訳者・翻訳者をネットワークする、テンナイン・コミュニケーションが開発した1日10分学習するだけのオンライン英語教材。その日学習する内容が毎日メールで届くので、朝活やスキマ時間にぴったりの英語学習法です。

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

今日の朝の人気ランキング