気をつけて!上から目線に思われる意外な英語フレーズ

毎週水・金曜日更新!オンライン型英会話学習教材「シャドースピーキング」事務局とのコラボ連載「通訳者さんに教わる♪朝のカンタン英語レッスン」。水曜日は、英語や海外に関するトピックをご紹介します♪

パソコンで仕事する女性

気をつけて!上から目線に思われる意外な英語フレーズ!

中学校で習った「~すべき」という意味の助動詞”should”、日本人はちょっと強めのお願いのつもりで使っているかもしれませんが、実は正当性を強く訴えるニュアンスを持っています。

そのためYou shouldと相手に言うと、「自分の主張が正しい」=「やや上から目線」ととらえられてしまう場合があります。

ビジネスで使う場合は”You might/may want to”(~したほうがいいですよ)を使った方が無難でしょう。

You might/may want to amend the wording of the press release.
(プレスリリースの文言を修正したほうがいいですよ。)

You might/may want toは直訳すると「あなたは~したいかもしれません」となり、婉曲的な表現ですので、相手の立場や気持ちを尊重しながらアドバイスしたい時にピッタリです。

建設的な意見交換のために、ぜひ使ってみてください!

(記事協力:シャドースピーキング事務局

この記事を書いた人
Nice to meet you!

通訳者さんに教わる♪朝のカンタン英語レッスン

通訳者さんがわかりやすく教えてくれる朝の英語レッスン♪
Written by

テンナイン・コミュニケーション

7000名以上の通訳者・翻訳者をネットワークする通訳エージェント「テンナイン・コミュニケーション」。大手外資系企業や日系企業へ通訳者を派遣。通訳者の育成にも力を入れる。

◆テンナイン・コミュニケーション:http://www.ten-nine.co.jp/
◆「英語で仕事をする人の応援サイト Hi!Career」:https://www.hicareer.jp/

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

今日の朝の人気ランキング