ぐっすり眠って目覚めすっきり!「快眠」応援アプリ4選

ゴールデンウィーク連休が明けてずいぶんたちましたが、「まだ休みボケが治らない…」なんて声もちらほら。

そんなときこそ、睡眠をしっかりとって規則正しい生活に戻すことが大切です!

今日は、心地よい眠りと目覚め応援してくれる「快眠お助けアプリ」を4つご紹介します。

詳しい分析が◎「Sleep Meister」

快眠お助けアプリ「SleepMeister」

まずは、枕元に置いて寝るだけで、睡眠時間や眠りの深さを詳しく分析してくれるアプリ「Sleep Meister」

グラフにすることで睡眠の質が目に見えるので生活リズムを見直すきっかけになりますよ♪

通常のアラーム機能以外にも起床時刻の30分前から一番眠りが浅い時間を分析して、アラームを鳴らしてくれるので一番寝起きの良いときにスッキリ起きることができます。

iOS版アプリ「Sleep Meister – 睡眠サイクルアラームLite」>>

自分専用の快眠BGMが作れる「Relax Melodies」

快眠お助けアプリ「Relax Melodies」

雨や鳥の鳴き声などヒーリング効果のある自然音を自由に組み合わせて自分専用の快眠BGMが作れるアプリ「Relax Melodies」

音のパターンが豊富だから、作業用やヨガ用など目的ごとに自分のサウンドプレイリストを作っても楽しいですよ。

寝る前にヒーリングサウンドを聞いて一日の疲れを忘れましょう♪

iOS版アプリ「Relax Melodies」>>

Android版アプリ「Relax Melodies」>>

忙しい朝でも一石二鳥!「目覚ましニュース」

快眠お助けアプリ「目覚ましニュース」

ニュース音声をアラームで流してくれるので、慌ただしい朝も効率よく過ごせるアプリ「目覚ましニュース」

また、エリア設定をすれば電車の遅延情報や天気予報なども一緒に流してくれるので、自分で調べる手間が省けて朝の隙間時間に余裕ができますよ♪

iOS版アプリ「目覚ましニュース」>>

Android版アプリ「目覚ましニュース」>>

寝る前の瞑想に♪「寝たまんまヨガ」

快眠お助けアプリ「寝たまんまヨガ」

朝時間.jp編集スタッフも効果を実感したという安眠効果が話題のアプリ「寝たまんまヨガ」

ヨガというと身体を大きく動かすイメージが強いですが、このアプリでは寝たまま体に力を入れたり、ゆっくり手足を動かしたりと布団の中でもできるような簡単なポーズばかりなのでヨガ初心者でも大丈夫です!

ナレーションのガイドにそって寝たまま簡単にできるので、いつの間にか寝落ちすることもありますよ。寝付けないときに最適なアプリですね♪

iOS版アプリ「寝たまんまヨガ」>>

Android版アプリ「寝たまんまヨガ」>>

いかがでしたか?

疲れが溜まると朝から身体が重くて一日中憂鬱なんていう日もありますよね。

ストレスや疲れ予防には寝ることが大切。ぐっすりと深い眠りにつけば、疲れを翌日に持ち越さずに身も心もスッキリした朝を迎えられますよ。

今回、ご紹介したアプリを活用しながら、自分なりの快眠法を探してみてくださいね♪

この記事を書いた人
Nice to meet you!

みんなの朝時間.jpツイート

今日の朝の人気ランキング