BLOG

【大阪:パリアッシュ】ビル街にあるパリ!彩り鮮やかなパンに心躍ります!

 

大阪のパン屋さんめぐり、ルート271、ブーランジェリー ア ビアント、最後にご紹介するのはパリアッシュ。ダイビル本館の1階にあり、パリを思わせる重厚な外観入口は入る前からどんなパンに出合えるのか期待値が上がります。

パリアッシュ1

ブーランジェリー ア ビアントもそうですし、前回の大阪訪問時に伺ったルシュクレクールも、ダイビルや並びのビルと淀屋橋、渡辺橋通近辺は美味しくスタイリッシュなパン屋さんが多い印象。
店内に入ってパッと目を惹くのは鮮やかな彩りあるパンたち。そして、よくよくプライスタグを見ると、ネーミングも面白い。

パリアッシュ5

「森をさ迷うミエル」って何だろう?と、数あるパンの中から思わずセレクト(笑)ピーカンナッツ、くるみ、カシューナッツ、ヘーゼルナッツなどなど、ナッツがたっぷりはいった蜂蜜の甘さが優しいライ麦のパンなのですが、噛めば噛むほど味わい深く。スライスしながら食べているのに、あともう少し!もうちょっとだけ食べちゃおう!とあっという間に食べきってしまったパンです。

パリアッシュ2

パリアッシュ、店員の方がとってもお話しやすく、初訪問ということもありオススメパンを聞いたところ、大変丁寧にパンのことを教えてくださって、逆にどれも食べたくなり迷ってしまったのですが(笑)もう一点、ありがたいなと思ったことがあります。それが、こちら↓の写真のように試食のパンがスライスされていて味